ボジョレー・ヌーボーの解禁日が決まっている理由とは

ボジョレー・ヌーボーの解禁日が決まっている理由とは

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2017/11/13
No image

2017/11/13 05:52 ウェザーニュース

今年もボジョレー・ヌーボー解禁日がやってきます。※こちらの記事はウェザーニュースの月刊デジタルマガジン「月刊SORA」に掲載中の記事を一部編集してご紹介しています。

フランスの厳格なワイン法でボジョレー・ヌーボーの販売・消費は毎年11月の第3木曜日に解禁と決められています。
今年は11月16日0時00分になるまで、禁止されているのです。この解禁日は、それぞれの国の時刻なので、日本は本場フランスより8時間先行して味わえるというわけです。

早出し競争による品質低下を防ぐため

ボジョレー・ヌーボーは、ボジョレー地区(フランスの南東部、リヨンの北)で製造するワインの新酒です。ブドウをつぶさずに、そのまま発酵させる独特の製法で、樽で寝かせるより新酒のほうが美味しいと定評があります。

解禁日を設けていなかった頃は、早く提供すればするだけ飛ぶように売れましたが、発酵が十分でない粗悪品が出回ったため、ボジョレーワイン協会が解禁日を設けたのです。以前は11月15日が解禁日でしたが、その日が土曜日や日曜日だと輸送されないことがあるため、1985年に11月の第3木曜日に変更されました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ダイオウグソクムシのリュックが爆誕!! 甲羅1枚1枚ハンドメイドのこだわり商品だけど、背中にはりつく姿はシュールです...
朝はゆっくり過ごしたほうがおトク!? 見た目もかわいいTDL朝食メニューをご紹介!
冬の定番!「おでん」に入れるとおいしい炭水化物ランキング
【店員さん直伝✧】『スタバ 』0円で新作の美味しいカスタム方法を教えてもらっちゃいました★〜キャンディピスタチオver〜
“クサイ飯”は本当にクサイのか?東京拘置所「矯正展」で売られる「プリズン弁当」を食べて真相を探ってみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加