炎鵬が初黒星 連勝は歴代4位タイの21でストップ

炎鵬が初黒星 連勝は歴代4位タイの21でストップ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/13
No image

連勝が止まった炎鵬(撮影・菊川光一)

<大相撲九州場所>◇2日目◇13日◇福岡国際センター

序ノ口デビューから無傷の21連勝中の西幕下14枚目炎鵬(23=宮城野)が、東幕下常幸龍(29=木瀬)に負けて、春場所で初土俵を踏んで以来初めて黒星がついた。

支度部屋に戻る際の表情は硬く「負けると悔しい」と言いながらも、悔しさを隠すように苦笑いした。序ノ口からの連勝記録は歴代4位タイでストップとなった。

常幸龍は兄弟子の十両石浦の大学の先輩ということもり、石浦からアドバイスをもらった。「左で張って右で差してくるのが多いと言われた。だから左に動いていこうと思ったけど呼び込んでしまった」と反省。左に動いて懐に入り込んだが、前に出る力が足りずに押し倒された。

記録は止まってしまったが「これでスッキリした。軽くなった感じ」と重圧から解放された。全勝なら十両昇進の可能性があったが「これからは1つずつ白星を積み重ねたい」と気持ちを切り替えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
通称「モンゴル銀行」? 日馬富士がビール瓶暴行の“モンゴル力士会”に、八百長説も......
ビール瓶暴行の日馬富士“酒乱の先輩”朝青龍からも注意されていた「酒癖」
日馬の暴行現場 石浦の父と鳥取城北高監督も同席か
日馬富士暴行で朝青龍派、旭鷲山派の調停失敗? 貴乃花の暴走で大混乱
日馬富士の貴ノ岩暴行問題、始まりは錦糸町での口論
  • このエントリーをはてなブックマークに追加