ヘッドスパの適切な頻度と時期とは?

ヘッドスパの適切な頻度と時期とは?

  • 頭美人
  • 更新日:2016/10/20
No image

ヘッドスパの適切な頻度と時期とは?

ヘッドスパの適切な頻度と時期について

スパは毎月するのがベストですが、なかなか定期的に通うのは難しいという方が多いですよね。

毎月スパに通えないという方は、季節の変わり目に施術を受けることをおすすめします。
年に1回の方は気温が一気に上がる2月下旬から3月、年2回の方は気温が急に下降する10月、年4回の方は四季に移り変わりの気温の変化が1番大きい時が最適です。

気温が急激に上昇する時は、例えば道端の野のつぼみや花の出始め(たんぽぽが目を出すころ)というのは私たちの体の中の細胞が急に大きく動き出すころだからです。
その時期は、毛穴の汗腺から出る汗と脂線から出る脂との割合がうまくいかず、肌荒れ・頭皮荒れが起こりやすくなります。
女性の肌あれが1番気になる時季も、気温がグッと上がる3月です。ただ、頭皮は目につかない部分なので気付かないうちに毛穴がつまり、髪の毛が急に細くなってきたりします。

この急激な気温上昇により私たちの細胞も活性化されるときなので、スパをすることにより頭皮のバランスを整えることが大事なのです!
また、逆に急激な気温下降時は細胞が縮まるときになります。

交感神経と副交感神経のバランスについて

私たちが動いているときは交感神経、逆に休んでいるときは副交感神経が優位に立ちます。この副交感神経が優位に立った時に肌をつくったりします。

しかし、常に携帯電話やPCなどにより神経を過度に使い過ぎることが原因で、交感神経と副交感神経のシーソーのようなバランスがとれず、常に交感神経ばかりが優位にあると肌や頭皮・髪の毛が再生されていかなくなります。

そこで重要なのは、自身で副交感神経を優位にさせる「時」をつくることです。
例えば今ブームの登山や温泉につかるなどのことも有効です。しかし、そんなことは少しの隙間タイムではできませんね。
そこでおすすめなのが、ヘッドスパなのです!リラックス効果と同時に髪も頭皮も元気でイキイキになります!

ヘッドスパと呼吸について

私たちの内蔵は筋肉でできています。唯一筋肉でできていないのが「肺」です。
私たちは日常の生活の中で無意識にあまり肺を使っての呼吸をしていません。
機械ですら使わなければ錆びてしまうのと同様、私たちの肺もさらに活用することで体が元気になります。
脳も酸素がきちんとと送られれば元気になります。
肺が大きく動くのを意識して、大きく呼吸してみると頭が軽くなることを感じられます。
ヘッドスパの施術を受ける前に、ゆっくりじっくり大きく呼吸すると副交感神経に大きな影響を与えます。
是非ヘッドスパを受ける際には、試してみて下さい!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
「もう一度チェックを!」エッチの前に洗い残しがちなパーツ4つ
あなたの目が良いかどうかテストできる画像が話題に
人をダメにする着る毛布「ダメ着」のニューバージョンが完全にダメなやつ / 頭から足まですっぽり包まれて着たままトイレもできる!
リーダーになってはいけない人の3つの特徴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加