王さんになる!日本ハム・清宮、殿堂入り誓った 野球殿堂博物館見学で決意新た

王さんになる!日本ハム・清宮、殿堂入り誓った 野球殿堂博物館見学で決意新た

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/12

日本野球機構(NPB)は11日、東京・文京区の東京ドームホテルで新人研修会を開き、日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実高=ら新人選手が参加した。午前には、東京ドームにある「野球殿堂博物館」を見学。清宮は早実高の大先輩で憧れのソフトバンク・王貞治球団会長(77)のバットなどに接し、自らも野球界の歴史に名を刻むことを誓った。

濃紺のスーツに、球団関係者に結んでもらったという紺色のネクタイ。見慣れた早実高の学ラン姿から一変して初々しい姿の清宮が、展示物に目を輝かせた。

「殿堂入りの方々や野球の歴史を拝見できて、いずれは自分もここに名を連ねたいなと思った」

中学以来という野球殿堂博物館の訪問。4日に亡くなった星野仙一氏ら197人の殿堂入りレリーフなどの展示物を見て回った。なかでも食い入るように見つめたのはやはり、王氏のブースだった。プロ志望を表明した昨年9月の会見で王氏の持つ世界記録、通算868本塁打を目指すことを堂々宣言した。米大リーグのハンク・アーロン氏の本塁打世界記録を超える756号を含む、4つのホームランボールに3本のバットを見つめた。

さらに「すごすぎる。改めて、びっくりしました」というのは王氏の年度別の本塁打数だ。現役最終年の1980年に30本塁打をマーク。「(自分は)まだまだなので、いずれは入れればと思いました」と、先輩に肩を並べることを誓った。

丸1日かけての新人研修会。刺激的な1日となった。午後に行われた講義では、ヤクルト、米大リーグなどで活躍し、ワールド・ベースボール・クラシックに2度出場した岩村明憲氏から「2020年、東京オリンピックで活躍するのは君たちの世代」と熱弁された。昨年9月にカナダで行われたU-18W杯では主将としてチームの銅メダル獲得に貢献した清宮は「目指さないといけない場所。一番近くは東京オリンピック。この中心として活躍できるようなプレーヤーになりたい」と日の丸への思いは強い。

U-18W杯のチームメートだったロッテのD1位・安田(履正社高)、ソフトバンクのD5位・田浦(秀岳館高)らと再会。休憩時間には近況などを語り合った。ともにプロ野球界の未来を背負っていく仲間たち。「うまく、みんなで行ければいいです」。1999年度生まれ世代での東京五輪出場も思い描く。

12日には、新人合同自主トレ第2クールが始まる。「けがだけが怖い。状態を上げられるようにやるだけです」と清宮。決意を新たに、プロの階段を着実に一歩ずつのぼっていく。 (中田愛沙美)

★同世代と交流 清宮はソフトバンクのD5位・田浦(秀岳館高)ら昨夏のU-18(18歳以下)日本代表でチームメートだった選手たちと、休憩時間に談笑。田浦は「野球の話もしましたけど、プライベートの話もしました」と明かした。昨夏、同代表メンバーで無料通信アプリ「LINE」のグループを作り、新年のあいさつもしたという。「またU-18のメンバーでプロの日本代表で戦いたい」と田浦は誓った。

野球殿堂博物館

1959年に創設された野球殿堂に伴い、同年6月12日に日本で最初の野球専門博物館として後楽園球場に隣接する形で開館。88年3月17日に東京ドームの建設に伴い、現在の場所(21番ゲート右側)に移転、2倍の広さで新装開館した。野球殿堂入りした選手のレリーフや記念品など、野球に関する資料約4万点を収蔵。併設の図書室には野球、その他のスポーツに関する書籍を約5万冊収蔵。入館料は大人600円、高・大学生400円、小・中学生200円。

No image

清宮は王貞治氏のバットやホームランボール、さらにガラスケースに刻まれた年度別成績もじっくりと見つめ、決意を新たにした(代表撮影)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
メジャー通算51勝の大物ジーは活躍するか 中日の2018年助っ人陣容
ソフトB甲斐、フル代表に
ソフトB高橋礼「レオキラーになる!!」
オリ吉田正“W超人イズム”で準備OK 室伏氏&糸井に師事
ロッテ田村にノルマ打率.280“ずっと8番じゃダメ”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加