阪神、広島の胴上げを阻止! 巨人との熱戦はドロー

阪神、広島の胴上げを阻止! 巨人との熱戦はドロー

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/15

(セ・リーグ、阪神2-2巨人=延長十二回規定により引き分け、22回戦、巨人12勝8敗2分、14日、甲子園)阪神が先行したものの巨人が終盤に追いつき、延長戦に入っても決着が付かず引き分け。先に試合を終え、優勝へのマジックナンバーを「1」としていた広島の胴上げを阻止した。

阪神は一回、一死から上本、糸井の連打などで二死二、三塁のチャンスを作ると、5番・大山が三遊間を破る右前2点打を放ち先制した。

巨人は八回一死一、二塁から1番・陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)が中前に運ぶ適時打を放ち1点差に。しかし2番・マギーが遊ゴロ併殺打に倒れ逆転できなかった。

九回、巨人は阿部の二塁打と敬遠四球で二死一、二塁とすると、7番・長野が左前適時打を放ち追いついた。阪神は九、十、十一、十二回と得点圏にランナーを進めたが決め手を欠いた。

No image

先発の阪神・秋山=甲子園球場(撮影・森本幸一)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鷹・東浜が腰の張りで抹消へ 工藤監督「無理させない」 最多勝は雄星次第に
ソフトBが楽天に久々敗戦 工藤監督、CS見据え「見せるも見せないもアリ」
カープファンのアンガールズが「マツダスタジアムに看板」と優勝公約! 「キングオブコント」決勝進出10組が決定
【井口へのメッセージ3】阪神・西岡「まだまだ背中を追ってボクも成長」
ロッテ 井口が「6番・DH」で引退試合に臨む 同僚は全員背番号「6」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加