【Harry Winston】至高のダイヤモンドで華やぎを纏って

【Harry Winston】至高のダイヤモンドで華やぎを纏って

  • SPUR
  • 更新日:2017/08/11
No image

“キング・オブ・ダイヤモンド”の称号にふさわしい、ハイエンドなジュエリーが揃う「ハリー・ウィンストン」。ラウンドとエメラルドカット、2種類のダイヤモンドを交互に配した「ラウンド&エメラルドカット・バーセット・リング」は、そんなブランドの魅力を堪能できる通好みなデザイン(写真1)。エレガントな指先を目指すなら、センターストーンを引き立てる美しいVカーブの「Vシェイプ・バンドリング」もおすすめ。「ハリー・ウィンストン」が厳選したダイヤモンドの輝きもぜひ堪能したい(写真2)。レイヤード狙いの「マイクロパヴェ・バンドリング」なら、マイクロパヴェを緻密にセッティングした繊細なデザインで、どんなリングとも合わせやすい。珠玉のダイヤモンドリングで羨望を集めて。

(写真1)「ラウンド&エメラルドカット・バーセット・リング」(Pt×ダイヤモンド)¥1,660,000〜
(写真2)「Vシェイプ・バンドリング」(Pt×ダイヤモンド)¥1,380,000〜
(写真3)「マイクロパヴェ・バンドリング」(Pt×ダイヤモンド)フルエタニティ:¥910,000〜、ハーフエタニティ:(Pt×ダイヤモンド)¥460,000〜

ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション
http://www.harrywinston.com/0120-346-376

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女子がアキバの童貞オタクとセックスすべき理由/優しくてお金も惜しみなく使う男子力の高さが素晴らしい
間取り図を一見しただけで「おかしい」とわかる物件揃いの「Y澤不動産」
集団食中毒事件を手掛けてきたプロが個人的に絶対食べない食品6選(アメリカ)
"死ぬまでSEX"に注がれる高齢者の熱視線
人によって差が出る"卵巣力"の素朴な疑問
  • このエントリーをはてなブックマークに追加