290円のラーメン値上げは失敗?幸楽苑、52店舗閉鎖へ、ネット上に様々な意見

290円のラーメン値上げは失敗?幸楽苑、52店舗閉鎖へ、ネット上に様々な意見

  • IRORIO
  • 更新日:2017/11/13

「幸楽苑」の大規模閉店に衝撃が広がっている。

幸楽苑、来年3月までに52店舗閉鎖へ

ラーメンチェーン「幸楽苑」は先日、全体のおよそ1割にあたる52店舗の閉鎖を決めたと発表した。

外食産業では消費者の節約志向や人手不足、競争の激化などを背景に厳しい経営環境が続くと見込まれていることから、長期的な成長が見込めない52店舗を閉鎖へ。

NHKによると、来年3月までに閉鎖。北海道・福井県・滋賀県・京都府・岡山県から撤退するという。フランチャイズ契約を結んだ「いきなり!ステーキ」の出店を進めるなど、将来の成長が見込まれるエリアや出店形態等に経営資源を集中していく。

従業員3人の食堂からスタート

幸楽苑の始まりは1954年。創業者が福島県会津若松市に店舗6坪、従業員3人の「味よし食堂」を開店した。1967年に「幸楽苑」に改称。低価格なラーメンで店舗数を急拡大し、2003年にはラーメン業界では全国初となる東証一部上場を果たした。

しかし、人件費の上昇や原材料の値上がりなどを受け、一部店舗で採算が悪化していたという。

「人手不足時代」を見据え、働き方改革も

同社は「全国1000店舗」を達成し「日本一の外食企業」になることを目指しており、10月に「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスとフランチャイズ契約を結んだ。優れた業態特性と本物志向でリーズナブルな価格で提供する同店に転換することで自社競合を回避すると共に、経営効率の改善と長期的・安定的な企業価値の向上を図る狙いだ。

また、猛烈な「人手不足時代」を見据えて働き方改革も行う。店舗従業員の公休取得補助や店舗の求人活動をサポートする「店舗支援室」と、既存店舗への実践的な教育を強化する「教育部」を新設へ。今後の新店は、従業員のワークライフバランスに配慮した営業時間が短い「コンパクト幸楽苑タイプ」の出店を推進するという。

ネット上には「喜ばしい」という声も

発表を受けて、ネット上には戸惑う声が寄せられている。

待って、幸楽苑52店舗閉店って何?!
茨城の幸楽苑その中に入ってないよね?
え、幸楽苑無くなられたら困る。
味噌ネギラーメン好きなのに本当に困る。
— 優菜 (@meron010221)
2017年11月12日
from Twitter

幸楽苑、50店舗閉店かあ!美味しくて低価格良かったけどなあ
— ニチゴ (@trTgOuEezC09Cil)
2017年11月12日
from Twitter

幸楽苑は地元に帰ったときに家族で食べに行くことがあるから、店舗数が減ると悲しくなるなぁ
— あならいず (@detyumatyu)
2017年11月12日
from Twitter

しかし一方で、こんな意見も。

選択と集中という意味では日高屋が上手い。酒を出すから駐車場が必要ない駅前にどんどん出店してるんだ。幸楽苑は郊外の駐車場型。ならファミリー層を取り込む努力をしなきゃいけなかった。
— [ファンファンファンファンファンのファンファンファンファンファンファンファンのファン]マトバP (@MA108P)
2017年11月12日
from Twitter

幸楽苑やすき家みたいなデフレベースのビジネスモデルが立ち行かなくなっている現状はある意味喜ばしいよね。学生がいきなりステーキはコスパがいいって言ってガツガツ肉食べてるのは微笑ましいよ。
— Cozzy (@cozzy0709)
2017年11月8日
from Twitter

幸楽苑の撤退話潔い感じがして好き
— 浅信 (@asashincomcom)
2017年11月11日
from Twitter

「これも時代の流れ」「安さをウリにするのをやめたのは評価したい」という意見も見られた。

「飲食店・小売店」で業態見直しが相次ぐ

外食産業や小売業などでは近年、「人手不足」などを背景に様々な企業が改革に乗り出している。

すかいらーくは約7割の店舗で24時間営業を廃止。ロイヤルホストなどを運営するロイヤルホールディングスは今月、現金を取り扱わない完全キャッシュレスのレストランをオープンした。

イオンやいなげや、東武ストアなども営業時間の見直しを実施。コンビニ大手の「ファミリーマート」は24時間営業の見直しの検討を始めたと報じられている。

(参考:「現金が使えないレストラン」オープンが発表され物議に、「ファミマ『24時間営業』廃止の報道に、ネット上は『英断』との声も」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
デジカメ底打ち感、出荷額11カ月連続増 高級機種投入でスマホと差別化
今年の「東京モーターショー」を振り返って思うこと
人事が直面する、改正労働契約法「2018年問題」 雇用環境はこう変わる
毎年車検で荷台はむき出し!それでも『ハイラックス』が売れる理由
日銀が大株主の企業800社超で株価大暴落の地雷だらけ! 若い人こそ視野に入れるべきリスクヘッジとは...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加