「これは観るしかない」SFギャグマンガ『宇宙戦艦ティラミス』アニメ化決定にファン大興奮

「これは観るしかない」SFギャグマンガ『宇宙戦艦ティラミス』アニメ化決定にファン大興奮

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2017/09/17
No image

『宇宙戦艦ティラミス』1巻(原作:宮川サトシ、作画:伊藤亰/新潮社)

圧倒的な画力とは裏腹のギャグ満載マンガ『宇宙戦艦ティラミス』が、2018年にアニメ化されることが分かった。この発表にファンからは「アニメ化キタコレ!」「これは観るしかないんじゃないの?」と大きな反響が巻き起こっている。

作画の伊藤亰による美麗なタッチで描かれたスバル・イチノセは思春期真っ盛り。年上ばかりの艦内の生活に馴染めず、エースパイロットであり“引きこもり”という設定になっている。スバルはなかなかのイケメンとして描かれており、登場するロボットも丁寧な筆致ながら第1話冒頭からギャグが炸裂。「120秒後に射出、すぐに敵と接触だ。死ぬなよ、スバル」という出撃直前のシリアスな場面ながら、スバルは120秒あれば串カツを「1本はいけるな」とパックから取り出す。

公開されたティザービジュアルは、専用機“デュランダル”と青色の惑星をバックに、串カツに手を伸ばしながらソースをこぼすスバルが描かれたシュールなデザインに。同作のアニメ化にファンは大興奮のようすで、「ティラミスアニメ化とか正気の沙汰じゃねえな(超誉めてる)」「原作めっちゃ面白いやつだからみんな観ようぜ!」「我が目を疑ったけど、ティラミスアニメ化マジやった…」「みんなで軽率に観て軽率にハマっちゃおうよ」と歓喜の声が続出している。

原作を担当している宮川サトシも「スバルやイスズが画面狭しと宇宙を駆け回るシーンも、串カツの衣がコックピットに散らばるシーンも、どちらも想像しただけで笑えてきます」とコメント。宇宙SF×ギャグの融合がいかにアニメーションで描かれるか、放送を楽しみに待とう。

■アニメ「宇宙戦艦ティラミス」
放送時期:2018年
原作:作画・伊藤亰、原作・宮川サトシ
アニメーション制作:GONZO
公式サイト:http://www.tiramisu-anime.com/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アニメカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ガンダム像、再登場=東京・お台場で24日
「ドラゴンボール」筋斗雲がクッションに!純粋さが試される?
なか卯で「Fate/stay night Heaven's Feel」コラボキャンペーン 開始直前にセイバーやギルガメッシュの等身大パネルが設置される
【コスプレ20選】セクシー衣装の美人レイヤーも参戦!「監獄学園」「賭ケグルイ」などアニメヒロインがacosta!に集結
中学生さくらの「レリーズ!」もいいな! アニメ「CCさくら クリアカード編」公式PVが公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加