エジプト博物館の「叫ぶミイラ」 初めて一般公開

エジプト博物館の「叫ぶミイラ」 初めて一般公開

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/16
No image

動画を見る(元記事へ)

エジプトの博物館で世にも珍しいミイラが発見から130年以上を経て初めて一般公開され、話題となっています。

「叫ぶミイラ」はDNA鑑定の結果から、今から3000年前に古代エジプト王朝で権勢を誇ったラムセス3世を暗殺したとされる息子のペンタウアー王子とみられています。王子はその後に処刑され、ミイラにはその時の表情がそのまま残されています。また、他のミイラのように白い布ではなく、当時、不浄とされたヤギの皮で包まれていて、「地獄へ落ちるように」という意味が込められていたとされています。1886年の発見以来、初めて一般公開され、カイロのエジプト博物館には1週間で2万人が来場するほどの人気だということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ゴーカートの車輪が長い髪を巻き込む 頭皮を引き裂かれ女性死亡(印)
ラブドールを抱いたままミイラ化した哀れな独身男! ロシア孤独死の闇... 爆乳“自家製ガールフレンド”に抱かれながら...
ワニに襲われた漁師、上半身のない遺体で発見 フィリピン
崖から落ちた犬を救助しようとした飼い主、150メートル下に滑落して死亡(米)
「国際安保会議」の異常な緊張が示す、世界はいま戦争前夜という現実
  • このエントリーをはてなブックマークに追加