日大12年ぶりV王手!20日東洋大が●で決定 仲村監督は「10勝で締めたい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/21

「東都大学野球、日大3-1亜大」(19日、神宮球場)

首位の日大は雨で順延されていた亜大との2回戦を延長十四回、3-1で制して連勝で勝ち点4とした。日大は20日に2位の東洋大が国学院大に敗れると2004年春以来の優勝が決まる。亜大は3連覇を逃した。

3戦連続の延長となった日大が、辛抱強い野球で2004年春以来のリーグ制覇へあと一歩とした。20日にも決まる状況に、仲村監督は「意識しても仕方がない。10勝(勝ち点5)でリーグを締めたい」と最終カードを制しての完全優勝を見据えた。

一回に太田和の二塁打で先制した後、亜大・高橋遥に16三振を奪われた。それでも引き分けが見えてきた延長十四回、2死から八田がスライダーを捉えて決勝2ラン。8番打者の捕手は「伸びると思ったが、入るとは思わなかった。投手が頑張っていたので何とかしたかった」と喜んだ。

春は優勝候補に挙げられながら4位に終わった。20日のドラフト会議で上位指名が予想される京田は「このチームで一日でも長く試合をしたい。あすは自分もチームも喜べたらいい」と笑顔だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ただの会議じゃない「ウインターミーティング」
巨人、FAの陽岱鋼獲りに参戦 5日にも正式オファー
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
各球団発表、12月5日の入団、背番号は?
選手推定年俸、チーム内のバランスを考えて少なく“公表” デーブ大久保氏明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加