大阪桐蔭 史上初2度目の春夏連覇へ好発進 2回戦では智弁和歌山と

大阪桐蔭 史上初2度目の春夏連覇へ好発進 2回戦では智弁和歌山と

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/12

第99回全国高校野球選手権大会第4日は11日、甲子園球場で1回戦4試合が行われ、第4試合では史上初となる2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭(大阪)が登場。エースの徳山壮磨投手(3年)が5回途中まで1人の走者も許さない好投を見せると打線も12安打8得点で応え、17年ぶり3回目出場の米子松蔭(鳥取)に8―1で快勝した。2回戦ではこの日の第3試合で6点差をハネ返して逆転勝ちを収めた智弁和歌山(和歌山)と対戦する。

No image

<大阪桐蔭・米子松蔭>大阪桐蔭・徳山のピッチング

大阪桐蔭は初回、2番の福井が変化球をうまくとらえて右翼スタンドへ運ぶソロ本塁打を放って先制。2回には無死一塁から根尾の左中間二塁打で1点を加え、4回には2死走者なしから四球を足場に一、三塁とチャンスを広げると徳山の左前打でもう1点。5回には1死三塁から山本の左前適時打と捕逸で2点を加えて突き放し、6回にも四球で出た走者を犠打と盗塁で三塁まで進めてから藤原の三塁ゴロの間に生還とノーヒットで1点を加え、その後も着実に加点した。

徳山は5回1死まで1人の走者も出さず、7回で8三振を奪い2安打1失点(自責0)の好投。8回から登板した2番手・柿木も失点を許さなかった。

米子松蔭は0―6で迎えた7回に1死から3番・津島が右翼線へ運んだ打球が三塁打となり、送球が乱れる間に一気に本塁生還を果たして1点を返したが、そこまでだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鳥谷敬の三塁コンバートは成功したのか...データで見る昨季との貢献度の差
天理、快勝も最後は冷や汗 中村監督「まさかここまで」明豊の粘りに脱帽
仙台育英、九死に1勝!背番16・馬目が“控えの意地”で決めた
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
明豊、20日準々決勝 対天理「絶対に勝ちたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加