中国のアーティストが自作販売する「動物のお尻スマホケース」が可愛い

中国のアーティストが自作販売する「動物のお尻スマホケース」が可愛い

  • IRORIO
  • 更新日:2017/04/22

イギリスやフランスなどヨーロッパのトレンドメディアが、ちょっと変で、可愛いスマホケースを話題にしている。

中国・広州市に住む女性アーティスト、ミコ・ホさんが手作りするフェルト製のケースだ。それには、動物のお尻がついている。それも、丸々とした立体的なお尻が。

お尻だけにこだわった

ややこしい説明は抜きにしてまずは見ていただきたい。

No image

MoonFeltCraft/Etsy

これは犬のお尻。顔も胴体も省略されている。もっぱらお尻にコミットしているのだ。

No image

MoonFeltCraft/Etsy

犬があるなら、当然、猫もある。猫尻には長い尻尾がついている。身近なペットだけかと思うとそうでもない。例えば下にあるのはパンダ。

No image

MoonFeltCraft/Etsy

パンダのお尻が可愛い、という人は少なくないのでは?

そしてシマウマ、ブタと続く。

No image

MoonFeltCraft/Etsy

No image

MoonFeltCraft/Etsy

これはウシにも見えるが、作者はブタだと言っている。

そして、お尻と言えば外せないのがこれ……

No image

MoonFeltCraft/Etsy

サルのお尻。可愛いかという点では意見が分かれるだろうが、個性が突出していることは確かだろう。

副業で販売

作者のミコさんはこれを手作りし、クリエイティブな作品を販売するサイト「Etsy」で売っている。現在は副業でやっているが、専業のフェルト作家になるのが彼女の夢だ。

ノーマル(?)な帽子やリュック、マスコット人形なども作っており、動物のお尻シリーズは1カ月ほど前から始めた。1点の値段は4,000円前後。

購入者からの評判はいいようだ。Etsyに書き込まれているコメントを1つ紹介しておこう。

「iPhone 6 プラス用の猫のお尻のケースを買いました。これまで見たことのない、パーフェクトなケースです。猫のお尻や、タマタマや、尻尾や、肉球のディテールが本当によく出来ています。作った人の努力が感じられました」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃過ぎ】ついに伝説ビッグフットの「HD映像」が撮影される!500万回再生される
【どうしてそうなった】動物写真1500枚の中からナンバーワンに輝いた写真が「あざとすぎる」と話題に!
【衝撃】インドで8歳の野生少女が「サル」と生活した状態で発見!人間の言葉を話せない様子
アライグマのミルクの飲み方が...予想よりはるかに豪快だった(動画)
ペットを飼うならだんぜんインコ! 小さくても命を救ってくれるほどの賢さ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加