リヴァプールの18歳を破壊したセビージャDF、「悪質だった」と謝罪

リヴァプールの18歳を破壊したセビージャDF、「悪質だった」と謝罪

  • Qoly
  • 更新日:2019/07/22
No image

欧州主要リーグは来季開幕に向けてプレシーズンが佳境を迎えつつある。

リヴァプールはボストンでセビージャと対戦。だが、試合後半に物議を醸すシーンがあった。

セビージャDFジョリ・ニャニョンがリヴァプールの18歳ヤセル・ラルシを後ろから蹴りつけて一発退場になったのだ。

No image

Not entirely sure of the protocol, but Joris Gnagnon deserves a long, long ban for that disgusting kick on Yasser Larouci - a genuinely scary challenge.

You can’t afford to have players on the pitch who would gladly risk breaking other professionals’ legs out of frustration.
— Tom Doyle (@TomJDoyle)
2019年7月22日
from Twitter

デヤン・ロヴレンがムニール・アル・ハッダーディを倒した後の流れだったようだが、ラルシがストレッチャーで負傷交代を余儀なくされるほどの悪質なキックだっただけに問題になっている。

そうした中、ニャニョンはSNS上で謝罪した。

ジョリ・ニャニョン(セビージャDF)「リヴァプール、選手(ラルシ)の家族、サポーターに公に謝罪したい。どんな理由であれ、悪質な振る舞いだったし、ピッチ上で見られるべきでないものだった。彼と家族のために祈りを捧げる」

【関連記事】リヴァプールが買った「大失敗選手」6名

リヴァプールは公式HP上でラルシの状態について報告。当初の見立てほど深刻な怪我ではないとのことで、幸いにも重傷ではなかったようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プレミアリーグ史上、最も高額なディフェンダーTOP10
長谷部&鎌田が先発出場で貢献! フランクフルト、電光石火の先制弾で開幕白星
長谷部フル出場、鎌田不発、フランクフルト完封勝利
堂安律、急きょベンチ外。PSV移籍の噂も監督は“仮病”を疑わず
中村敬斗は3戦連発ならず...トゥエンテ、激闘の昇格組対決はドロー決着
  • このエントリーをはてなブックマークに追加