広島・丸、“皆勤賞”で連続MVPだ「けがをしないように意識を」

広島・丸、“皆勤賞”で連続MVPだ「けがをしないように意識を」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/13

広島・丸佳浩外野手(28)が12日、マツダスタジアムで自主トレを公開。4年連続で全試合出場中の“鉄人”だが、昨年の春季キャンプ、交流戦での故障を「自分で防げることがあったかもしれない」と猛省。昨季のセ・リーグMVPは2月1日からフルスロットルで突っ走っていく。

静まり返った室内練習場でマシンと向き合った。丸が、2018年シーズンの“皆勤賞”を目標に掲げた。

「(昨年の)シーズンやキャンプでは自分で防げること(けが)があったかもしれない。けがをしないように意識をしていかないといけない」

昨季は4年連続の全試合出場を果たし、打率・308、23本塁打、92打点。リーグ連覇に貢献してリーグMVPと文句なしのシーズンだったが…満身創痍でもあった。

春季キャンプ第2クール初日に右脇腹の違和感で離脱。6月の交流戦期間中には、走塁中に右太もも裏を痛めて途中交代した。全試合出場しながら、その2つの離脱を反省するのが、丸らしい。このオフは「筋肉のバランスを考えて」過ごしているという。

4日には地元の千葉・勝浦市でトークショー&表彰式に参加。約800人の前で特別表彰を受け、改めて地元の期待を肌で感じた。

「昨年同様、すべての面で良い数字を残せるようにしたい。しっかり自分がやって、チームに良い影響を与えられるようにしたい」

春季キャンプをフルメニューで消化し、球団史上4人目の5年連続全試合出場へ。34年ぶりの日本一に向け、丸が先頭で突っ走る。 (柏村翔)

No image

自主トレをする広島・丸佳浩=広島市南区 マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松井秀喜氏、金本知憲氏、原辰徳氏が野球殿堂入り。松井氏は史上最年少
殿堂入り阪神金本知憲監督と元巨人松井秀喜氏の意外なライバル関係
中日・又吉ぶっちゃけた!プロ入りが決まり「元カノ全員から連絡来た」
【西武】所沢の駅ビルにコラボした「キッズトイレ」を設置
阪神・球児が“火の玉”伝授!石崎を絶賛「天然で天才」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加