トヨタの市販想定の次世代スポーツカーは、“ほぼそのまま”レーシングカー

トヨタの市販想定の次世代スポーツカーは、“ほぼそのまま”レーシングカー

  • ねとらぼ
  • 更新日:2018/01/13
No image

トヨタ自動車のスポーツカーブランド TOYOTA GAZOO Racingは1月12日、幕張メッセで開催されたカスタムカーの展示会「東京オートサロン2018」で、コンセプトカー「GRスーパースポーツコンセプト」を発表しました。

GRスーパースポーツコンセプト

GRスーパースポーツコンセプトは、世界耐久選手権(WEC)に参戦するハイブリッドレーシングカー「TS050 HYBRID」とほぼ同じパーツで構成された、高性能市販車のコンセプトモデルです。これまで「シルエット」のみを先行公開(関連記事)していましたが、東京オートサロンの開幕とともにその詳細が明らかになりました。

パワーユニットには、2.4リッターのV型6気筒ツインターボエンジンと電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「トヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)」を採用。最大出力はなんと1000馬力(735kW)。高効率のEVシステムと、希薄燃焼エンジンの組み合わせにより、究極のパワーと環境性能を両立した次世代のスーパースポーツカーを目指すとしています。

No image

GRスーパースポーツコンセプトの後面

これまでのトヨタの高性能スポーツカーと大きく違うのは、市販車をレベルアップしていく方法ではなく、モータースポーツ活動で得た先端のノウハウを市販車へ、端的にはレースカーを市販車にしたことです。これが、もっと楽しみ、親しむ、クルマの新たな在り方を示す取り組みだとGAZOO Racing Company プレジデントの友山茂樹氏は述べます。

そして、「実際に皆さまがステアリングを握れるようになるまでには、まだ時間がかかります。しかし、トヨタが目指す次世代のスポーツカーの在り方を、このGRスーパースポーツコンセプトで感じていただきたいと思います」とし、コンセプトカーといえど本当に市販化を目指していることを強調しました。

No image

主要のパーツはレーシングカー「TS050 HYBRID」と同じ

No image

公開されたスペック

一体いくらになるかは想像もできませんが……実現したらすごいことになりそうです。

「GRスーパースポーツコンセプト」フォトギャラリー

No image

GRスーパースポーツコンセプト(サイド)

No image

GRスーパースポーツコンセプト(フロント)

No image

斜めからの見た目はそのままレーシングカー

No image

斜めからの見た目はそのままレーシングカー

No image

GRスーパースポーツコンセプト

No image
No image
No image
No image
No image
No image

シャシーもそのままレーシングカー

No image

剥き出し状態もしびれるほどカッコイイ

No image
No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ダイエー消えてもドムドムは不滅。6年ぶり新規出店で復活目指す
ホンダの顔、新型『シビック』が降臨!日米で「OTOKOMAE」な走りを味わってきた
〝1kg〟の定義が130年ぶりに改定されるかも?
この10年、日本の大企業で「品質問題」が続発する理由がわかった
パナソニック、巨額投資に回収不安か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加