阪神メッセンジャー「問題ない」中3日でCS先発へ

阪神メッセンジャー「問題ない」中3日でCS先発へ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/13
No image

ストレッチで体をほぐすランディ・メッセンジャー(撮影・奥田泰也)

阪神ランディ・メッセンジャー投手(36)が14日に開幕するDeNAとのCS(クライマックスシリーズ)ファーストステージ初戦に、中3日で先発する。13日は甲子園でキャッチボールなどを行い、翌日の大役に向けて調整した。

8月10日の巨人戦で右足腓骨(ひこつ)を骨折しながら、手術と驚異的な回復力でマウンドに戻った。10日のシーズン最終戦の中日戦(甲子園)で4回を投げ、中3日でCSの開幕投手を任された。「10日は4回だけだったし、球数が多くいっていたわけではない。問題ないよ」と語り、開幕の登板については「チームを勢いづかせるために重要だと思う。自分の投球に集中する」と責任感をみなぎらせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神・大和、FA宣言も オリックスが注視、球団は流出阻止へ全力
阪神、片岡打撃コーチにHC就任要請!矢野コーチは2軍監督
ロッテ福浦が来季1軍打撃コーチ兼任!チーム最年長
ケンブリッジ飛鳥「もう1000日前」五輪商品手に
田中英 争奪戦!戦力外でも京大卒はスゴい ロッテ球団、ロッテ本社に阪神球団まで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加