ロッテ・井口プロジェクトで熊本県宇土市に総額1000万円寄付!! 震災復興支援にひと役

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2016/12/01

ロッテ・井口資仁内野手(41)が12月19日に震災(4月の熊本地震)で被害にあった熊本県宇土市を訪問し、義援金を寄付することになった。1日、球団が発表した。同選手は、同市の新市庁舎建設への義援金を「CAMP FIREサイト」で8月29日(11月30日募集終了)より募ったところ、636万6001円が集まった。これに同選手の義援金を合わせて総額1000万円を寄付する。

◆ロッテ・井口 「この度、熊本県宇土市復興支援プロジェクトにご賛同いただきありがとうございました。本当にたくさんの方にご賛同いただきファンの皆様と一緒にこのプロジェクトを達成できたことに感謝します。皆様からいただきました寄付金は12月19日に宇土市役所に訪問し、宇土市に寄付をさせていただきます。また、集まりました寄付金に僕個人も寄付させていただき、総額1000万円を寄付させていただきます。1日でも早い復興ができるようにこれからもできることがあればなんでもやっていきたいと思います。今回は、多大なご協力をいただきまして、本当にありがとうございました」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
暴行死「もう一人の孫の方がかわいかった」
発覚恐れ救急車を呼ばず 千葉大医学部“集団強姦”
交際相手の父親ら4人殺傷、韓国籍の男に懲役28年
3時間超の謝罪会見で“露呈”したDeNAの「無責任体質」
多摩川遺体“少年の行方”捜す男女の影も―
  • このエントリーをはてなブックマークに追加