大坂なおみ、本家・ビーナス初撃破に「本当に名誉」

大坂なおみ、本家・ビーナス初撃破に「本当に名誉」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12
No image

大坂なおみ(2017年9月18日撮影)

<女子テニス:香港オープン>◇11日◇中国・香港◇シングルス2回戦ほか

世界64位の大坂なおみ(19=日清食品)が、4大大会7度の優勝を誇る同5位のビーナス・ウィリアムズ(米国)を7-5、6-2で破り、ベスト8に進出した。日本女子がトップ5から金星を挙げるのは、06年全仏1回戦で森上亜希子が当時3位のペトロワ(ロシア)を破って以来、11年ぶり。準々決勝で同21位のパブリュチェンコワ(ロシア)と対戦する。

◇  ◇

「和製ウィリアムズ」が本家を打ち砕いた。大坂が憧れのウィリアムズ姉妹から、ついに初めての勝ち星を挙げた。「ビーナスと対戦できて本当に名誉なこと。いいプレーができた」。パワーでのガチンコ対決でビーナスを打ち負かした。

第1セット3-5から9ゲーム連取と圧倒した。4-5からビーナスのサービスゲームを破り追いつくと、エンジン全開。サーブが不調のビーナスにリターンで主導権を握り、強打をたたき込んだ。

公営コートでテニスを学び、父親がコーチで、パワフルなテニスという共通項から和製ウィリアムズと呼ばれた。自身も「姉妹がいなかったらテニスをやっていなかったかも」と言うほど憧れていた。初対戦となった7月のウィンブルドン3回戦は善戦しながらストレート負け。その雪辱を香港で果たした。

◆日本女子対ビーナス 日本女子は過去29回対戦して、勝ったのは16年BNPパリバ・オープン2回戦で、奈良くるみが6-4、6-3で勝った1度だけ。しかし、その時のビーナスは世界12位だった。トップ10のビーナスを破った日本女子は、今回の大坂が初めてとなる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
杉田はネクストジェネレーションのシャポバロフにタイブレークの激戦の末敗れる[スイス・インドア]
杉田 シャポバロフに逆転許す
全日本、清水悠太が2回戦へ
杉田 驚愕プレーに脱帽で苦笑い
女王ハレプ、最終戦1勝目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加