元女子プロレスラー・デビル雅美、漬物屋転身は「丈夫で料理上手」という理由で

元女子プロレスラー・デビル雅美、漬物屋転身は「丈夫で料理上手」という理由で

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/14
No image

デビル雅美

元女子プロレスラー・デビル雅美が14日、日本テレビ系「ニノさん」に出演。現在は漬物屋の店長として働いていることから、かっぽう着姿で登場した。

かつて“悪役”のトップレスラーとして活躍し、6タイトルを獲得。93年には最強レスラー・長与千種に勝利し、プロレス界の頂点に立った。08年に現役引退後、「丈夫で料理が上手。力持ち」という理由でオファーを受けたという漬け物店の店長へ転身した。

現役時代は年間で最高306試合。給料は最高で1試合3万5000円をもらっていたというが、使い道は「衣装代。市販の水着。高いと2、3万円。ひもが切れて、(乳首が)出ちゃうこともある」と振り返った。

現在は独身というが、現役時代にはプロポーズされた経験も告白。「3回あります。ひとりはお相撲さん、全然有名じゃない。(受けなかったのは)あの頃は結婚=引退だったから」と、明かした。

番組後半では、当時のコスチュームで登場。首を締める技をかけられたタレントの小籔千豊は「さっきの人と別人。力強いっ。痛い痛い!ストップストップ!」と、悲鳴を上げていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バイきんぐ小峠、融通きかない店員に不満
安室の紅白出場で見えてしまった“芸能界の裏”
指原莉乃が披露した「サシコ100%」批判の声が集中
般若、UZIとZeebraに激怒「あんたら世代の意識の無さ」 痛烈なディス
”東京大雪の日に舞い降りた妖精”福島雪菜 初水着グラビアに反響続々
  • このエントリーをはてなブックマークに追加