大谷翔平、キャンプイン。ソーシア監督は大谷用の6人ローテーションを明言

大谷翔平、キャンプイン。ソーシア監督は大谷用の6人ローテーションを明言

  • J SPORTS
  • 更新日:2018/02/15
No image

現地時間の2月14日、エンジェルスのキャンプが行われるアリゾナ州テンピにあるディアブロスタジアム。大谷翔平は朝7時過ぎに球場入り。日米の報道陣も多数詰めかけ、エンジェルスも緊張感を持ってこの日を迎えた。

1年に10日ほどしか雨が降らないと言われているアリゾナだが、キャンプ初日は雲が厚く覆い、雨もぱらつくあいにくの天気となった。練習は朝10時からスタート。マイク・ソーシア監督が、「まずはピッチャーとしてしっかりやってもらいたい」という方針で、大谷は投手の練習に全て参加した。

◆2月14日、大谷の練習メニュー
ストレッチ→キャッチボール→投内連係→コンディショニング→バッティング練習

キャンプにはエンジェルスのアート・モレノ オーナー、ビリー・エプラーGM、そしてアリゾナキャンプを打ち上げた日本ハムの栗山英樹監督も来ており、大谷に熱い視線を送っていた。

野手組の合流は19日のため、少ない人数でのキャンプインとなったが、投手陣が練習を上がった後、大谷だけはキャッチャー組と一緒にバッティング練習を行った。テンポ良く投げ込まれる6〜7球が1セット。これを5〜6セット行う。今日はブルペンに入らなかったが、明日は入るという情報が伝わっている。

キャンプが始まる前に、ソーシア監督が記者団の質問に答えた。質問で集中したのは、「6人ローテーションができるのか?」だったが、「普通のチームならば4人目、5人目を探すが難しいが、うちは6人選手が揃っている。その中で回していく」と答え、「大谷のためのローテーションだが、みんなもその休みをうまく使って対応してほしい」と語った。

◆エンジェルスの主な先発候補
・43 ギャレット・リチャーズ(右)
・28 アンドリュー・ヒーニー(左)
・17 大谷翔平(右)
・45 タイラー・スカッグス(左)
・52 マット・シューメーカー(右)
・35 ニック・トロピアノ(右)
・66 JC ラミレス(右)
・62 パーカー・ブリドウェル(右)

また、エンジェルスのレポーターを17年務めるFOX SPORTS WESTアナリストのホセ・モタ氏は「日本のスーパースターがやってきたということで興奮している。二刀流は今のスケジュールなら可能だと思う。能力を持っているのは十分わかっている」と話してくれた。

J SPORTSでは、日本時間の15日(木)〜23日(金)の毎日午前4:30〜5:00で、「野球好きMLBキャンプinアリゾナ 〜大谷翔平所属ロサンゼルス・エンジェルス現地情報〜」を生放送(リピート放送あり)。大谷翔平の姿はもちろん、プロ野球とは違うMLBのキャンプの様子をお届けする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハム清宮、明日フリー再開 24日に実戦初打席
住吉都さん死去 結城コーチ「悩んでいるというのは知っていた」
「1番・DH」で先発予定も...広島ドラ1中村奨 残念 雨天中止
畠山は引退危機から救われた。監督・コーチ・選手が語る「青木効果」
ソフトBキーマンに聞く 中村晃×柴原洋氏 初GG賞へ3度受賞の先輩太鼓判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加