【報ステ】新潟県知事選 原発慎重派の米山氏当選

【報ステ】新潟県知事選 原発慎重派の米山氏当選

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19
No image

東京電力・柏崎刈羽原発の再稼働が最大の争点となった新潟県の知事選挙で、再稼働に慎重な立場の米山隆一氏が勝利を収めた。米山氏は争点を再稼働に絞り、有権者に賛否を迫って支持を広げ、自民・公明の推薦を受けた長岡市の前市長・森民夫氏に6万票余りの差をつけての初当選を果たした。朝日新聞の出口調査では、柏崎刈羽原発の再稼働について、投票した人の28%が賛成だったのに対して、反対は64%と大幅に上回った。この反対と答えた人のうち、64%が米山氏に投票している。選挙から一夜明け、米山氏は「(福島第一原発の)事故原因はわかっているとは言えない。訴えた通り、県民の命や暮らしが守れない現状において再稼働は認められない」と話した。こうしたなか、柏崎刈羽原発は「防潮堤が地震による液状化で壊れる可能性がある」という問題が浮上していて、安全審査の合格がさらに先延ばしになる見込みだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
発覚恐れ救急車を呼ばず 千葉大医学部“集団強姦”
南太平洋でM7.8の地震 日本への被害の心配なし
多摩川遺体“少年の行方”捜す男女の影も―
交際相手の父親ら4人殺傷、韓国籍の男に懲役28年
ソロモン諸島沖地震 山口〜九州北部で海面変動に注意 海保
  • このエントリーをはてなブックマークに追加