ジョージ・ワシントン大が今季ロード初勝利 渡辺雄太は13得点

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/15

全米大学男子バスケットボールのジョージ・ワシントン大は14日、ロードでマサチューセッツ大を83―72(前半43ー25)で下して11勝15敗。渡辺雄太(4年)は34分の出場で13得点、8リバウンド、3アシスト、3ブロックショットをマークし、3点シュートは7本中3本成功させた。

ロードでは今季9戦目で初白星。所属のアトランティック10ではマサチューセッツ大同様に4勝9敗となった。ジョージ・ワシントン大のレギュラーシーズンの残り試合は5。17日には同じアトランティック10に所属し、今季15勝11敗(カンファレンス内7勝6敗)となっているバージニア・コモンウェルス大(VCU)と対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「最後の夢」かなえた常呂っ子=天国の恩師へささげるメダル〔五輪・カーリング〕
ザギトワ、フィギュアのルールに一石...「得点主義」「フィギュアじゃない」と批判殺到
【心理テスト】選んだクレヨンの色でわかる、あなたが心から望んでいる生き方
安藤美姫に平昌五輪関係の仕事がなかった本当の理由
落差すごい。「一般人がイメージするプログラミング」と「実際のプログラミング」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加