【2勝目一問一答】阪神・岩田、7回1失点に「しっかり攻めていこうと。実践できたことがよかった」

【2勝目一問一答】阪神・岩田、7回1失点に「しっかり攻めていこうと。実践できたことがよかった」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/12

(セ・リーグ、DeNA1-8阪神、15回戦、阪神9勝6敗、11日、横浜)阪神が中盤までの長打攻勢でDeNAを下した。先発・岩田は7回3安打1失点と好投し、2勝目。ヒーローインタビューで左腕は充実感を漂わせた。

--一回の立ち上がりで一死一、二塁のピンチ

「先制点は絶対にやりたくなかったので、全力で0をつけに行きました」

--一番よかった点は

「(坂本)誠志郎と一緒に試合前からずっと話をしていて、しっかり攻めていこうと、それが実践できたことがよかった」

--自身を含め先発全員安打

「すごく助かっていますね」

--大和の守備も大きかった

「すごいゲッツーでしたね。最高っすね。すごく助かります」

--メッセンジャーが抹消

「一人でまかなえるかどうか分からないですけれども、ランディが帰ってくるまで、しっかりみんな団結していきたいなと思います」

--次回に向けて

「まだまだ! がんばります!」

No image

先発の阪神・岩田=横浜スタジアム(撮影・村本聡)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清水の美女チアリーダー『オレンジウェーブ』を一挙に紹介!
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
阪神・大山、トドメ3ラン含む5打点!金本監督「自信つけていい」
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
“阿部2世”巨人・宇佐見「最高でーす!」プロ1号がサヨナラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加