犬歯は異性を惹きつけるために進化した! 歯並びと性的魅力の奥深い関係(最新研究)

犬歯は異性を惹きつけるために進化した! 歯並びと性的魅力の奥深い関係(最新研究)

  • TOCANA
  • 更新日:2016/11/30

日本では八重歯はチャームポイントと思われがちだが、欧米では八重歯=悪魔、ドラキュラという不吉なイメージが根強く、けして好ましく受け取られていない。そのため、八重歯は矯正するのが一般的だ。八重歯は犬歯が唇側転位したものだが、大ざっぱに言えば“尖った犬歯”といえるだろう。実は、この犬歯、太古の昔はオスがメスを、メスがオスをおびき寄せるための性的小道具だったというから侮れない。

■「犬歯は異性を誘惑して生殖機会を増やすために進化した」

英紙「Daily Mail」(11月16日付)によれば、南アフリカのウィットウォーターズランド大学の古生物学者らは学術誌「PLOS ONE」に「犬歯は約3億年前に、異性を誘惑して生殖機会を増やすために進化してきた」という極めて興味深い仮説を発表したと伝えている。

ご存じのように、哺乳類は上下に一続きの歯並びを持って生まれてくる。これらはさらに切歯、臼歯、そして犬歯というように3タイプに分類されるが、この違いの発祥は3億年前にさかのぼるという。まだ人類が今のような姿かたちをしておらず、四本足でペタペタと歩くトカゲやイモリの姿に近い「哺乳類型爬虫類」だったころの話だ。

今回の研究で科学者チームは、「なぜ哺乳類型爬虫類には犬歯があったのか」という疑問に対し、CTとシンクロトロン放射光を用いて解明を試みた。そして、標本であるティロサウルスという哺乳類の祖先の頭部骨格を調べたところ、なんと驚愕の新事実が発覚したのだ。

No image

実は、ティロサウルスの頭蓋は柔らかく、ちょっとした衝撃でも傷つくため、生きるために戦うには脆弱すぎただろうと推測され、種の絶滅を免れようと、代わりに繁殖するためのパートナーを惹きつけられるよう犬歯が発達したのではというのだ。

■犬歯はセックスアピールを誇示するための存在

「大きなサーベルのような犬歯は、性的魅力を発散する武器となっていたのでしょう」と話すのは、この研究論文の筆頭著者であるウィットウォーターズランド大学博士研究員のジュリアン・ブノア博士だ。

つまり、犬歯は、セックスアピールを誇示するための存在だったというわけだ。太古の時代、厳しい生存競争に勝つための、哺乳類の祖先たちによる苦肉の策だったのかもしれない。

No image

現代では、異性から見て魅力的に映るよう、歯医者でウン百万円を支払ってでもパーフェクトな歯並びを手に入れようとする人たちがいる。だが、“ハリウッドスマイル”を欲するのは、なにも今に始まったことではなさそうだ。すでに3億年前が起源ということは、そのころからヒトの欲望はさほど変化していないということだろうか。
(文=佐藤Kay)

参考:「Daily Mail」、「PLOS ONE」、ほか

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
もう許してッ...!カレシにされちゃった「エッチなおしおき」3つ
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
《1億4千万人が乗車したアトラクションを乗り納め!!︎》もうすぐ34年間の歴史に幕を閉じる『グランドサーキット・レースウェイ』に乗って今だけもらえる"記念乗車証"をGETせよ!!︎
リーダーになってはいけない人の3つの特徴
その手があったか!「コンドームエッチ」で気持ち良くなる方法3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加