火星が舞台のラヴクラフティアンホラー『Moons of Madness』が2018年に海外発売

火星が舞台のラヴクラフティアンホラー『Moons of Madness』が2018年に海外発売

  • Game Spark
  • 更新日:2017/08/11
No image

火星が舞台のラヴクラフティアンホラー『Moons of Madness』が2018年に海外発売

もっと画像を見る

No image

インディーデベロッパーRock Pocket Gamesは、同社が手がける新作ホラーゲーム『Moons of Madness』が2018年にPS4/Xbox One/PCで発売されることを発表しました。不気味な雰囲気漂うトレイラーやスクリーンショットも公開されています。

本作はH・P・ラヴクラフトにインスパイアされた一人称視点のサイコロジカルホラーゲームで、宇宙飛行士Shane Newehartの内面的葛藤や火星における最初の科学前哨基地Trailblazer Alphaでの超常現象が描かれます。ゲームではエピックな体験を画面上に表現するため、以下の3つの主要メカニクスを取り入れているとのこと。

NASAとスペースXの詳細な分析に基づくハードサイエンスと、ラヴクラフティアンホラーの融合。

ラヴクラフティアンの狂気をシミュレートした革新的機能“Zone Outs”。ゲーム中にプレイヤーはキャラクターの過去を示唆する幻覚に晒され、その幻覚が一体何なのかを理解しなければならない。

様々なゲームモードを通して、病状に屈することなく精神疾患を解明。

No image

Unreal Engine 4で開発されている『Moons of Madness』。8月後半に行われるgamescom 2017ではプレイアブルなバージョンが出展されるとのことです。

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
狙うは大人女子?「刀剣乱舞」とコラボする外食産業
手のひらサイズの「スーパーファミコン」―いよいよ任天堂がくわしい動画を公開
往年のファン垂涎!画面が変わるゲームボーイのマグカップ!
ポケモンGO初イベント横浜に200万人、会場を歩いて感じた“可能性と課題”
「ミニスーファミ」紹介動画公開!「リプレイ機能」や「いつでもセーブ機能」が搭載!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加