航空機墜落事故、監督の息子は命の危険を回避「パスポートを忘れて乗らなかった」

航空機墜落事故、監督の息子は命の危険を回避「パスポートを忘れて乗らなかった」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/11/30
No image

シャペコエンセのカイオ・ジュニオール監督【写真:Getty Images】

ブラジル1部シャペコエンセの指揮官を務めるカイオ・ジュニオール監督(本名:ルイス・カルロス・サローリ氏)の2人の息子のうちの1人であるFWマテウス・サローリは、偶然にもコロンビアで墜落した航空機に乗らず、命の危険から免れることができたようだ。29日にブラジル紙『グローボ』のニュースサイト『G1』が報じている。

過去にJ1ヴィッセル神戸を率いた経験を持つ51歳のジュニオール監督を含むシャペコエンセの選手たちを乗せた航空機は、現地時間28日にコロンビアのメデジン近郊の山岳地帯で墜落。この墜落事故で70名を超す死傷者が出ており、同監督の安否も未だ正式には伝えられていない。

そんな中、この航空機に乗る予定だったとされていたジュニオール監督の息子であるマテウスは、偶然にもパスポートを家に忘れて来たためにこの航空機はもとよりサンパオロから出発できなかったのだという。そのことを29日に本人が、自身のフェイスブックで明らかにしている。

「僕と母と兄は元気だよ。僕は今日サンパウロにいた。僕のパスポートを忘れて来たからチームには帯同しなかったんだ」

同メディアは現在、DFアラン・ルシェル、DFエリオ・ネト、GKジャクソン・フォルマンの3選手を含める計6名の生存者が確認されたと報じているが、シャペコエンセはメンバーの安否についてまだ正式な発表はしていない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
CLで大健闘のレギア、試合後には大統領も祝福に訪れる
ドルトムントがCLグループリーグの最多得点記録を更新! 6戦で21点をマーク
ウクライナ遠征のマンU、EL戦うピッチが凍結...試合は予定通り開催か
右SBが揃って離脱のアーセナルに朗報...指揮官がベジェリン復帰を示唆
<サッカー>中国クラブからの“破格の条件”を拒否した槙野智章に、中国のサッカーファンの反応は...

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加