作詞家の三浦康照氏死去 藤あや子「こころ酒」など

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/11/30

藤あや子(55)のヒット曲「こころ酒」や「むらさき雨情」などで知られる、作詞家の三浦康照(みうら・やすてる)氏が20日に、都内の病院で亡くなっていたことが29日、分かった。90歳。16日に声の不調を訴え肺炎と診断され入院、19日に急変したという。本人の遺志により、29日に近親者のみで都内斎場で密葬を済ませた。

三浦氏は1961年ごろから作詞家として活動を始め、演歌専門のプロダクション事務所の社長も務めた。冠二郎(72)らを育て、<歌詞>アイ、アイ、アイライク演歌、という歌詞が話題となった「炎」を提供した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴「深夜にお菓子男子したった」疑惑→知育菓子14種集めて調査してみた
高橋ジョージ「新事実」発言で、三船美佳への批判強まる
「スマスマ」香取慎吾のやる気のなさに視聴者から「甘ったれるな」の呆れ声
北斗晶、「術後5年の生存率50%」からの早すぎる仕事復帰の裏事情
問題動画流出のJKTメンバー、卒業→急転解雇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加