タランティーノ新作をソニー・ピクチャーズが争奪戦を制し獲得

タランティーノ新作をソニー・ピクチャーズが争奪戦を制し獲得

  • 映画.com
  • 更新日:2017/12/07
No image

争奪戦にソニーが勝利 Photo by Gabriel Olsen/FilmMagic

クエンティン・タランティーノ監督の新作の世界配給権を、米ソニー・ピクチャーズが獲得したとハリウッド・レポーター紙が報じた。

カルト指導者チャールズ・マンソンと信仰者たちによる女優シャロン・テート殺人事件を題材とした作品で、レオナルド・ディカプリオブラッド・ピットマーゴット・ロビーらが出演に興味を示している注目作だ。

タランティーノ監督といえば、これまでワインスタイン・カンパニーとタッグを結んできたが、同社の共同設立者ハーベイ・ワインスタインのセクハラ騒動をきっかけに関係を解消。「ハリー・ポッター」シリーズで知られるデビッド・ヘイマンをプロデューサーに迎えている。

新作の世界配給権を巡っては、ワーナー・ブラザースやパラマウント・ピクチャーズなどが争奪戦が繰り広げたが、最終的にはソニーが獲得した。同社はタランティーノ監督の「ジャンゴ 繋がれざる者」の北米以外の配給を手がけ、2億6200万ドルの収益を上げたことが高く評価されたようだ。

ただし、ソニーは新作の製作費9500万ドルを負担するだけでなく、タランティーノ監督に編集の決定権であるファイナルカット権、First Dollar Gross (経費を控除する前のスタジオが得た収益)の25%を提供。しかも、ソニーの権利は10~20年で、タランティーノ監督のもとに返還されるという条件付きであり、業界内では果たしてそこまでの価値があるのかと疑問視する声も少なくない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』公開前にみたいショート作品10本
仮面ライダー新作1位!『鎌倉ものがたり』が続く【映画週末興行成績】
シシド・カフカの歌声響く『リメンバー・ミー』日本版予告到着!
【ネタバレなし】「スター・ウォーズ / 最後のジェダイ」超速レビュー! それは予測できない “裏切りのスター・ウォーズ”
後に歴史は語るだろう「2010年代は音楽映画のバブルであった」と
  • このエントリーをはてなブックマークに追加