200試合出場の長友に好評価な現地紙「彼の気合によってリードを奪う」

200試合出場の長友に好評価な現地紙「彼の気合によってリードを奪う」

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/09/17
No image

インテルでプレーする長友 [写真]=Getty Images

セリエA第4節が16日に行われ、クロトーネと日本代表DF長友佑都所属のインテルが対戦した。長友は2試合連続でベンチスタートとなった。

試合は82分、左サイドからのFKがゴール前にこぼれると、反応したスロヴァキア代表DFミラン・シュクリニアルが右足でシュート。これがゴール右下に決まり、インテルが先制に成功した。さらに後半アディショナルタイム2分、エリア内左でパスを受けたクロアチア代表FWイヴァン・ペリシッチがDFをかわして右足のシュートを決め、決定的な2点目を奪っている。長友は64分から途中出場し2-0での勝利に貢献。インテルでの公式戦200試合出場を達成した。

イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は同試合の長友を採点し、「6点」をつけている。寸評では「長友が途中出場した後、ジャッポネーゼの気合いによってインテルはリードを奪った。クロトーネが押し込んでいた時、サイドをカバーし立て直した」と好評価だったようだ。

最高点は元スロヴェニア代表GKサミール・ハンダノビッチの「7.5点」となっており、一方の最低点はイタリア代表MFロベルト・ガリアルディーニの「5点」と発表されている。

インテルは次節、20日にボローニャとアウェイで対戦予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリンピックを目指す選手の運動神経はマジでヤバい! ってことが45秒でわかる動画がこちらです
浅野所属のシュツットガルト、練習場で不発弾発見 クラブハウスなどが立ち入り禁止に
内紛渦中のネイマール、カバーニと口論後にF1最速ドライバーとの豪華パーティー写真公開
「信じられないが事実だ」。本田を観戦に訪れた日本人ファンの行動にメキシコが驚嘆
ケルン、大敗したドルト戦の再試合は要求せず。「審判のルール違反はあったが...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加