トヨタ、マツダが米アラバマ州に新工場建設 トランプ大統領も歓迎ツイート

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/01/11

自動車大手のトヨタ自動車とマツダは、2018年1月11日、17年8月に発表した米国の新工場の建設地をアラバマ州ハンツビルに決定したと発表した。

新工場では最大で約4000人の雇用を予定しており、北米向けにトヨタ「カローラ」やマツダのクロスオーバーモデルを合わせて年間30万台生産する。2021年の稼働開始を目指す。

発表を受けて米トランプ大統領はツイッターで「朗報」だとして、「企業が大々的に米国に戻ってきている。おめでとうアラバマ!」と投稿し、新工場建設を歓迎した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コンビニ倒産急増 人手不足で24時間営業見直し シェア自転車、ジム、コインランドリーなど多角化
コメダ、驚異的高収益の秘密はパンのメニュー大量投入?凋落のスタバと真逆戦略で無敵
電通が有名ベンチャー企業にあてた「謝罪文」を入手!一体なにが...?
アメリカでも批判噴出。メイド・イン・ジャパンを誇れなくなる日は近い?
忙しくて宅配物を受け取れない人におすすめしたい対処法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加