「本当に痛い」「勝ち点2を失った」ピケが終了間際の失点に落胆

「本当に痛い」「勝ち点2を失った」ピケが終了間際の失点に落胆

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2021/02/22
No image

ピケが引き分けたカディス戦を総括

21日(日)に行われたリーガエスパニョーラ第24節カディス戦で、FCバルセロナがカンプノウで1-1の引き分けに終わったため、ジェラール・ピケは落胆した。

バルサは、レオ・メッシがPKで先制点をマークしてリードしたが、クレマン・ラングレがPKを献上。終了間際に同点弾を許してしまい、勝ち点2を落としてしまった。

■カディスに引き分けたバルサ【試合詳細】

ピケは同一戦を次のように総括している。

「土曜日のアトレティコ・マドリーの敗戦で、僕たちは自分たちを取り戻すチャンスがあったのに、本当に痛いよ。カディスとの戦いはタフで、我々は多くのチャンスをつくっていた」

「彼らは前半に1回だけ明確なチャンスがあったが、それ以外は何もなかった。しかし、最後の1分でのペナルティで勝ち点2を失った。今週はここから、首位との差を縮めるために勝ち点3を得ることが重要だったが、まだまだ道のりは長い」

「勝てない試合が続くごとに、(リーグ優勝のチャンスは)少しずつ減っていく。でも、長いよ。差は大きいが、手が届かないわけではない。それは次の試合にかかっている。我々は他の人よりも自分たちに頼っている。良いプレーをして、良い方向に進めば、チャンスはあるだろう」

「もちろん難しいことだが、トライしなければならない。自分たちを立て直す時が来たんだ。水曜日にはエルチェとの試合があるし、勝ち点3を獲得しなければならない」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加