ひろゆき氏、小山田圭吾の“後任”に岡崎体育を推薦 「名前が体育だし」

ひろゆき氏、小山田圭吾の“後任”に岡崎体育を推薦 「名前が体育だし」

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/07/21
No image

元2ちゃんねる(現5ちゃんねる)管理人で現在は4chan管理人の「ひろゆき」こと西村博之氏が20日、自身の公式ツイッターを更新。東京五輪の開会式の楽曲担当の“後任”として、岡崎体育を推薦した。

■「俺にやらせてくれ」

東京五輪の開閉会式の楽曲を担当していたミュージシャン・小山田圭吾が、いじめを自慢げに話した過去のインタビュー記事が問題となり、19日に辞退を発表。

これを受け、岡崎が20日、自身の公式ツイッターで「岡崎体育といいます。体育です」「俺にやらせてくれ」と、後任に“立候補”した。

関連記事:ひろゆき氏、小山田圭吾の息子への攻撃に疑問 「どういう理由で正当化?」

■許されるキャラクター

このツイートに、ひろゆき氏が「オリパラ開会式で、小山田圭吾さんが辞任した状況で一週間で曲。完成させられる割り切りスキルと、火中の栗を拾いに行っても許されるキャラクターとして、岡崎体育さんがオリンピックの開会式の作曲に絡むのはアリだと思う」と賛同。

「失敗しても笑えそうだし。名前が体育だし」と付け加えた。

オリパラ開会式で、小山田圭吾さんが辞任した状況で一週間で曲。完成させられる割り切りスキルと、火中の栗を拾いに行っても許されるキャラクターとして、岡崎体育さんがオリンピックの開会式の作曲に絡むのはアリだと思う。

失敗しても笑えそうだし。名前が体育だし。 https://t.co/33ETrd9kTC
— ひろゆき, Hiroyuki Nishimura (@hirox246)
July 19, 2021
from Twitter

■組織委の対応に驚き

大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は、IOCの総会出席後に行った会見で、小山田の起用について、組織委が直接、小山田を選んだわけではなく、式典を担当するチームが仲間を誘ってグループを組んだことを說明。

「一人ひとり任命したのではない」「我々が一人ひとり選んだわけではない」と強調している。

ひろゆき氏は21日未明、このことを報じるニュース記事を引用して「五輪の開会式に関与する人は、組織委員会に選ばれた人だと思ってたんだけど、勝手に誰かが決めちゃったりできるものなんですね」と驚いた様子でツイート。「それなら岡崎体育さんを後任に…」と再び岡崎を推した。

■ユーザーも納得

岡崎推しのひろゆき氏に、ユーザーからも「名前が体育だしで笑った」「こりゃもう体育さんで決まりっすね」「やってほしい。曲も好きだし!」「確かに。面白そう」と納得の声が。

また、組織委の対応について、「友達もやりたいから連れてきちゃったぁ~ってノリでできるもんなんですね」「とどのつまり誰でも良かったから、小山田氏でも良かったんでしょうね」「じゃあ組織委員会って何してる人達なんですか?」といった疑問も寄せられている。

・合わせて読みたい→上原浩治氏、『サンデーモーニング』に喝 発言に称賛の声相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・けろこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加