アスピリクエタ獲得失敗のバルセロナ、ドルトムントDFに興味?今冬には獲得失敗

アスピリクエタ獲得失敗のバルセロナ、ドルトムントDFに興味?今冬には獲得失敗

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2022/08/06
No image

トーマス・ムニエ 写真:Getty Images

バルセロナが、ボルシア・ドルトムントに所属するベルギー代表DFトーマス・ムニエ(30)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『スポルト』が伝えた。

今夏にポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキなど大型補強を敢行しているバルセロナは、チェルシーからスペイン代表DFマルコス・アロンソの獲得に近づいている一方で、スペイン代表DFセサル・アスピリクエタの獲得には失敗。同選手は4日にチェルシーと2024年夏までの新契約にサインしている。

そうしたなか、アメリカ代表DFセルジーニョ・デストに対して多くの疑念を抱いしているシャビ・エルナンデス監督は右サイドバックの補強を希望しており、ムニエを候補に入れている模様。バルセロナは1月にもドルトムントと接触し、買い取り義務が付随したレンタルでオファーを提示したが、拒否されていたようだ。

ベルギー代表として50キャップ以上を誇るムニエは、2020年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からフリートランスファーでドルトムントへ移籍。加入初年度は公式戦33試合に出場したが、昨季は負傷などの影響もあり、公式戦26試合の出場に終わっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加