ソフトバンク明石健志が引退、ダイエー戦士は和田毅のみに...

ソフトバンク明石健志が引退、ダイエー戦士は和田毅のみに...

  • SPAIA
  • 更新日:2022/09/23
No image

ⒸSPAIA

通算1007試合出場、打率.252

ソフトバンクの明石健志内野手(36)が現役引退を決意したことが23日、明らかになった。

プロ19年目の今季は21試合出場にとどまり、打率.138。6月24日の日本ハム戦(PayPayドーム)で、通算1000試合出場を達成したものの、出場機会は大幅に減少していた。

明石は山梨学院大付高から2003年ドラフト4位でダイエーに入団。同年の自由獲得枠は馬原孝浩、2位は城所龍磨だった。

内外野を守れる器用さと勝負強い打撃で出番を増やし、2012年には135試合に出場して初めて規定打席もクリア。ここまで1007試合に出場して打率.252、647安打、17本塁打、213打点、93盗塁の成績を残している。

これでダイエーのユニフォームを着たことのある現役選手は、2002年自由獲得枠で入団し、「松坂世代」唯一の現役でもある和田毅のみとなる。明石は目立つ存在ではなかったが、間違いなく強いソフトバンクを献身的に支えてきた一人。最後は優勝で花道を飾りたい。

【関連記事】
ソフトバンク藤本博史、ホークスの歴史を熟知するベテラン新監督
ソフトバンクのイケメン右腕・板東湧梧はV奪回の救世主となるか
ソフトバンクの通算本塁打ランキング、松田宣浩と柳田悠岐は“小久保超え”なるか

SPAIA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加