愛之助「いよいよ始動」 歌舞伎座、1日に5カ月ぶり公演再開

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/08/01

8月1日に初日を迎える「八月花形歌舞伎」で約5カ月ぶりに公演を再開する東京・歌舞伎座が31日、舞台上と劇場内で取り組む新型コロナウイルスの感染予防対策を報道陣に公開した。

公演は1演目ずつの4部制で、この日は第1部「連獅子」の稽古を披露。片岡愛之助(48)、中村壱太郎(29)が通常よりも舞台奥で踊り、出演者の掛け合いも距離を取る演出に変更。長唄、鳴物の奏者は8人ずつ並ぶところを5人ずつに減らし、特製マスクを着用した。

開演時には出演者が収録したアナウンスをランダムに放送。この日は愛之助が「いよいよ歌舞伎座が始動いたします。歌舞伎の生の舞台を十分にご堪能いただき、またお越しくださいますよう全身全霊を込め、一日も早い事態収束の願いを込め、舞台を務めさせていただきます」と“口上風”にあいさつした。

客席は前後左右を空け、部ごとに観客を入れ替えて消毒するなど対策を徹底。出演者、スタッフら約500人の抗体検査は陰性で、その中でも役者ら舞台に関わる約200人はPCR検査も受け、全員陰性だった。橋本芳孝支配人は「生のお芝居を楽しんでいただけるよう、劇場として万全を尽くして参ります」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加