NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
【連載】夏バテ対策に!サクッとおいしい「アジとズッキーニのカレーフリット」

【連載】夏バテ対策に!サクッとおいしい「アジとズッキーニのカレーフリット」

  • folk
  • 更新日:2021/07/21

食事で美味しく「夏バテ対策」を♪

蒸し暑い日が続く7月。料理が面倒に感じることも増えがちですが、美容と健康のためにもやはり自炊は欠かせませんよね。そこで今回は冷えた麦茶にもビールにも合う、サクッと食感のフリットレシピをご紹介。脂ののったアジと旬の夏野菜ズッキーニを使用します。ほんのりカレー風味にすることでエスニックテイストに!

良質オイルでエイジングケア!

No image

出典:https://folk-media.com/

油脂類は高カロリーでダイエットや美容の敵……と思われがちですが、それは大きな間違いです。もちろん使い古し酸化した油の利用は体に良くありませんし、大量摂取はカロリー過多になります。とはいえ「油抜き」食生活は、お肌や髪のうるおい不足や、女性ホルモンバランスの乱れにもつながりやすいのでNGなんです。

「夏老け」に注意

夏は急激な気温の上昇による夏バテや、空調によるお肌の乾燥、強い紫外線による肌ダメージ(光老化)が進みやすい時期。エイジングケアをサポートしてくれる食材や良質脂質を意識して摂り入れることが大切です。新しい細胞のもとになるたんぱく質の不足も老化加速につながります。食欲が沸かない日も肉や魚をなるべく取り入れるようにしましょう。

カレー粉で夏バテ対策

カレー粉は多種類のスパイスが組み合わされた調味料。食欲を刺激したり、代謝をサポートするスパイスが多く含まれています。何より独特の風味は食欲が沸くもの。夏バテに負けず健やかに美しく過ごすためにも、調味料の取り入れ方を工夫してみるといいですよ!

良質脂質の働き

No image

出典:https://folk-media.com/

今回レシピで使うアジなどの青魚やオリーブオイルには良質脂質が含まれています。特に青魚には他の食材にはないDHAやEPAといった脂質が豊富。脳の健康やお肌や血管などのエイジングケアをサポートしてくれます。魚類には良質タンパク質も豊富です。オリーブオイルには細胞老化を防ぐ抗酸化力の高いビタミンEが非常に豊富。ビタミンEはアンチエイジングビタミンとも呼ばれるほどなんです。

今月のインナービューティーレシピ「アジとズッキーニのフリット」

No image

出典:https://folk-media.com/

揚げ物は面倒……という方もいらっしゃるかもしれませんが、厚みのない食材なら少ない油で簡単に揚げることができます。アジは3枚おろしにされたものを購入すれば手軽に調理できますよ!衣をつけて揚げたズッキーニはほくほく食感でうまみたっぷり、カレー粉との相性も抜群です。不足しがちな食物繊維の補給にも◎

No image

出典:https://folk-media.com/

【材料】作りやすい分量アジ3枚おろし 5~6枚ズッキーニ1本 (約1センチ幅の輪切りにする)塩、こしょう 各少々オリーブオイル 適量 (約3〜4センチの深さになるくらい)お好みでレモンなど(あれば)-A- (衣)薄力粉 50gカレー粉 小さじ1冷えた炭酸水(無糖) 100ml

No image

出典:https://folk-media.com/

【作り方】1.キッチンペーパーで表面をやさしく包み、余分な水気や臭みを除く。そのあと表面に塩・こしょうをまぶす。2.Aをボウルでよく混ぜ合わせる。深めのフライパンにオリーブオイルを入れ中火で加熱する。3.衣にくぐらせたアジとズッキーニを重ならないように入れて揚げる。

No image

出典:https://folk-media.com/

※アジを裏返すときにはフライ返しが便利です。皮が剥がれないように返しましょう。

No image

出典:https://folk-media.com/

※ズッキーニは菜箸の方が返しやすいです。うっすら焦げ目がつけばOK!

No image

出典:https://folk-media.com/

挙げた後はすぐに器に盛り付けず、網に上げて余分な脂をしっかり落としておきましょう。こうすることでベチョッとならずカリッとおいしくいただけます。

No image

出典:https://folk-media.com/

器に盛り付け、お好みでレモンやエディブルフラワーを飾れば完成です!冷えた麦茶や炭酸ドリンク、白ワインなど様々な飲み物と相性がいい一品です。ズッキーニの代わりにサツマイモやニンジンなど他のお野菜を使ってもおいしいですよ。

盛り付ける器・スタイリングのこと

No image

出典:https://folk-media.com/

今回はとことん夏気分を味わいたくて、鮮やかなトルコブルーのお器をチョイスしました。「アワビウェア」というブランドのものです。(このシリーズが大好きすぎて...!)

No image

出典:https://folk-media.com/

ハンドペイントのにぎやかな器に盛り付けるとこんな感じ。ちょっとウキウキしますね!料理自体、衣のせいもあり茶系で地味な見た目なので「ちょっと派手かな?」と思うくらいの方が、特に夏の食卓にはよく似合うと思います。夏らしさを感じられる器選びも是非楽しんでみてくださいね。では今月もおいしく楽しく、体の内側からキレイを磨きましょう!【参考文献】・不調をなおしてキレイになる「女性ホルモン基本辞典」平田雅子監修(成美堂出版)・「あたらしい栄養学」(高橋書店)吉田企世子・松田早苗/監修・「栄養素の通になる」(女子栄養大学出版部) 上西一弘/著・「からだにおいしい野菜の便利帳」(高橋書店) 板木利隆/監修・「旬の野菜の栄養辞典」(X-Knowledge) 吉田企世子/監修・「美肌美人栄養学」(X-Knowledge) 蒲生桂子/監修・「食べる美女肌セラピー」(エクスナレッジ) 伊達友美/著・「からだにおいしい魚の便利帳」 (高橋書店) 藤原昌高/著・「医者が教える最強の食事術」白澤卓二監修(宝島社)・スパイス&ハーブの使いこなし事典(主婦の友社)

國塩亜矢子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加