観光船沈没事故 新たに骨のようなもの発見

観光船沈没事故 新たに骨のようなもの発見

  • HTB北海道ニュース
  • 更新日:2022/09/23

北海道知床沖の観光船沈没事故から5カ月。23日、道警が行った一斉捜索で複数の人の骨のようなものが見つかりました。

道警と海上保安庁は事故発生から5カ月に合わせて、3日間、知床半島などの一斉捜索を行っていました。

道警によりますと、23日に午前中から知床半島のルシャ湾周辺を歩いて捜索していたところ、海岸で人の骨のようなものを3つ発見したということです。沈没事故の行方不明者の可能性もあるとみて今後DNA鑑定で身元の特定を進めます。

今回の一斉捜索ではこれまでに、小銭入れや靴などが見つかったほか海上保安庁が21日に人の骨のようなものを7つ見つけています。

No image

(c)HTB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加