【ウッドレザー】木材が主原料の「レザー製品」 環境保護や動物愛護のニーズに対応

【ウッドレザー】木材が主原料の「レザー製品」 環境保護や動物愛護のニーズに対応

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/01/25
No image

動画を見る(元記事へ)

キノコやリンゴなどを使い、環境に配慮したいわゆる「ヴィーガンレザー」製品が開発されるなか、今度は木材を主な原料にしたレザーが発売されます。

「ウッドレザー」は、建築資材の製材過程で出る“木くず”を原料としたヴィーガンレザーです。

開発した京都の化学品メーカー「サンノプコ」によりますと、混ぜ合わせるポリウレタン樹脂も含めて、原料の80%以上が植物由来で、環境保護や動物愛護のニーズにも対応したレザーになっています。

木材ならではの吸湿性や消臭性にも優れているとしています。

サンノプコ基礎製品研究部・渡辺将浩主任:「薄い木の板を布に貼り付けたようなウッドレザーは市場にあるんですけども、やわらかい木材を利用したレザー製品みたいなものは市場にない。そういうのがあれば、欲しい人はいるだろうなというところで開発を開始しました」

社内で廃材利用が議論になったことから、おととし末にウッドレザーの開発が始まりました。

一般的に木材は強度が高く、大量に混ぜると硬くなってしまうため、本革のような柔軟性と質感を表現するのは一苦労だったそうです。

サンノプコ基礎製品研究部・渡辺将浩主任:「(実験は)100回はした。木を樹脂の中にきれいに分散させる技術であるとか、樹脂の設計の技術。均一な、きれいな見た目にするのが難しかった」

ウッドレザーは今年末の商業生産開始を予定していて、財布などの雑貨やソファのシートなど幅広い活躍が期待されます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加