阪神痛恨の逆転負けで自力V消滅 近本が菅野から2発も空砲 7回の勝負手も不発に...

阪神痛恨の逆転負けで自力V消滅 近本が菅野から2発も空砲 7回の勝負手も不発に...

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/15
No image

ベンチで厳しい表情の阪神・矢野燿大監督=東京ドーム(撮影・金田祐二)

「巨人6-3阪神」(15日、東京ドーム)

阪神が痛恨の逆転負けを喫した。自力Vの可能性が消滅し、巨人の優勝マジック38の点灯を許した。菅野に開幕11連勝を献上。東京ドームでは今季7戦全敗となった。

阪神は初回、近本が右前打、梅野がバントで送り、糸原の中前適時打で先制した。前回の3連戦で3試合連続完封負けした東京ドームで36イニングぶり、菅野からは11イニングぶりの得点となった。

二回に吉川尚の中前適時打で1-1同点となったが、三回に近本が4号ソロを放った。右翼席上段へ、特大の一発を突き刺した。

試合はまた動いた。四回に岡本、丸の連打で再び2-2同点となったが、直後の五回に近本が5号ソロを右翼席へ運んだ。1試合2発は自身初だった。

だが、先発・高橋が六回無死一、三塁から4番岡本に中前同点打を献上。さらに、1死満塁から2番手・岩貞が大城に右前へ、勝ち越し打を浴びた。

直後の七回は2番手・高梨を攻め、無死一、二塁の好機を作ったが、痛恨のバスターエンドラン失敗。ベンチの積極采配は実らず、チャンスをつぶした。

阪神は4連勝で東京ドームに乗り込んできたが、またしても首位巨人にはね返された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加