新日本ホワイトがNEVER奪取で史上初4冠!棚橋に引退勧告「去るべき時が来た」

新日本ホワイトがNEVER奪取で史上初4冠!棚橋に引退勧告「去るべき時が来た」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/04
No image

棚橋弘至(右)をTTOで捕らえるジェイ・ホワイト=福岡市の福岡国際センター(新日本プロレス提供)

「プロレス・新日本」(3日、福岡国際センター)

NEVER無差別級タイトルマッチが行われ、挑戦者のジェイ・ホワイトが王者の棚橋弘至を破って同王座を初奪取。3月にIWGP世界ヘビー級王座に統一された同ヘビー級王座と同インターコンチネンタル王座、同US王座と合わせて、史上初の新日本4大シングル王座奪取を達成した。

ホワイトが4冠奪取の目標を掲げて、棚橋が挑戦を受け入れて実現した一戦。両者は無数のドラゴンスクリューを繰り出すなど、厳しくヒザを攻め合う激闘を展開した。ホワイトは棚橋の場外へのハイフライフロー、ダルマ式原爆などの大技も浴びるが、棚橋のお株を奪うテキサス四つ葉固め、裏4足4の字固めのTTO(棚橋・タップ・アウト)などで、立ち上がるのが困難になるほどのダメージを与える。

だが、意地の逆襲に出た棚橋のハイフライフロー2連発を浴び、自身がテキサス四つ葉固めでガッチリ捕らえられてもん絶。たまらずタップして棚橋に技を解かせたが、その間に参謀役の外道がレフェリーの注意を引きつけて、タップの認定を阻止。最後は棚橋が狙った飛龍原爆を切り抜けて電光石火のブレードランナーを決めて39分超の戦いにピリオドを打った。

4冠達成の証しであるチャンピオンベルトを手にしたホワイトは、観衆の拍手をあおってマイクを持つと、「タナ(棚橋)、お前は繰り返し言っていたよな。ネバー・マインド(気にするな)、ネバー・クイット(やめるな)、ネバー・ギブ・アップ(あきらめるな)。ネバー・クイットと言ったって、負けたんだから、やめたも同然だ。そして、お前は完璧にギブ・アップした」と完勝をアピール。さらに、「やめると言えば、この時が来たぞ。お前自身も見ているファンも、誰一人認めたくないよな。でも、タナ、去るべき時が来たぞ。オレは宣言したとおり、お前からベルトを獲った。だから、お前はもうやめろ」と、棚橋に引退を勧告をした。

続けて、「人生は予期せぬ出来事の連続だ。お前たちは歴史の目撃者だ。オレはまた新たな歴史を作った。4冠制覇を達成した」とアピール。「オレも正真正銘のベルトコレクターだな。気に入らないというならここへ来ればいい。オレは今プロレス界で話題の中心にいる。そして1人でMSG(米国のマジソン・スクエア・ガーデン)を完売させたキング・スウィッチだ。そして、NEVER無差別級王者であり、史上初の4冠王だ」と豪語した。

インタビューでは、田口隆祐の名を挙げて「2番目に挑戦させてやる」と指名。そして、3月のニュージャパンカップで自身を破ったデビッド・フィンレーの名も挙げ、対戦成績がフィンレーの2勝12敗であることから、「お前は大きく負け越している。恥ずかしくないのか。決着なんてついていない。チャンピオンのオレがお前を一人前の挑戦者に指名してやっているんだ。このギフト、受け取るよな」と上から目線で挑戦者の第一候補に指名した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加