日本シリーズ初戦、冷静さ欠いた巨人バッテリーの栗原への配球を分析

日本シリーズ初戦、冷静さ欠いた巨人バッテリーの栗原への配球を分析

  • Sportiva
  • 更新日:2020/11/22

ソフトバンクが巨人との日本シリーズ第1戦を5対1で制した。2回に先制2ランを放った栗原陵矢が3安打4打点と大暴れし、投げてもエース・千賀滉大が7回6奪三振、無失点と好投。一方の巨人は絶対エース・菅野智之が6回4失点と苦しみ、打線も4安打1得点と沈黙。はたして勝敗を分けたポイントはどこだったのか。プロ野球解説者の秦真司が紐解く。日本シリーズ第1戦で3安打4打点の活躍を見せたソフトバンクの栗原陵矢 栗

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加