EpicのCEO、App Storeの30%手数料は任天堂やMSなどと同率と認める

EpicのCEO、App Storeの30%手数料は任天堂やMSなどと同率と認める

  • iPhone Mania
  • 更新日:2021/05/05
No image

AppleがApp Storeにおいてアプリ開発者に課している30%の手数料が高すぎると異議申し立てをしているEpic Gamesが、任天堂、Microsoft、ソニーなどのゲームプラットフォーム企業がアプリ内課金に課している手数料も30%であることを認めました。

EpicのCEOがAppleに有利な証言?

Epicは、App Storeの手数料やApp Storeの運営方法が独占禁止法に抵触するとしてAppleを提訴、5月から裁判が始まりました

その裁判の2日目、証言台に立ったEpicのティム・スウィーニー最高経営責任者(CEO)は、Apple側の弁護士からの質問に対し、Appleにむしろ有利になる証言をしたと、米MacRumorsが伝えています。

ゲーム機器メーカーの手数料も30%

同メディアによるとスウィーニーCEOは、アプリ内課金に大して30%の手数料を課しているのはAppleだけでなく、ゲームソフトストアを運営するゲーム機器メーカーの任天堂、Microsoft、ソニーもストア内課金について、同じく30%の手数料を徴収していることを認めました。

また裁判資料から、Epicのゲーム機器向けアプリ売上は、iOSアプリ売上よりもはるかに大きいことがわかっています。

スウィーニーCEOはまた証言のなかで、iPhoneを愛用していること、その理由がAppleがプライバシーとセキュリティーを重視しているからであることも語っています。

Source:MacRumors
Photo:Epic Games
(lunatic)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加