3歳児傷害致死事件 「2人は暴行を日常的に」と検察側指摘

3歳児傷害致死事件 「2人は暴行を日常的に」と検察側指摘

  • FBS福岡放送
  • 更新日:2021/10/14
No image

福岡県中間市で去年8月、当時3歳の息子の頭を殴り死亡させた罪に問われている両親の裁判です。検察側は冒頭陳述で「2人は暴行を容認・助長することが日常的になっていた」と指摘しました。

福岡県中間市で去年8月、当時3歳の息子の頭を殴り死亡させた罪に問われている両親の裁判です。検察側は冒頭陳述で「2人は暴行を容認・助長することが日常的になっていた」と指摘しました。

起訴されているのは、いずれも無職の末益涼雅被告(24)と元妻の歩被告(23)です。

起訴状によりますと2人は去年8月、中間市の自宅で、当時3歳だった息子の愛翔ちゃんの頭を殴り、死亡させたなどの罪に問われています。14日の初公判で涼雅被告は、起訴内容を認めました。一方の歩被告は、起訴内容を一部否認しました。

検察側は冒頭陳述で「殴る蹴るなどの暴行を容認・助長することが2人の間で日常的になっていた」と指摘しました。

その後の証拠調べでは、「車の中でぶったたく」、「あばらを蹴ったら吹っ飛んだ」などと、2人が虐待を報告するメッセージや、アザができたり、泣いたりしている愛翔ちゃんの画像などをやりとりしていたと説明しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加