まもなく解散「事実上の選挙戦」解散~投開票まで17日間"戦後最短"の超短期決戦...北海道の議員も地元へ

まもなく解散「事実上の選挙戦」解散~投開票まで17日間"戦後最短"の超短期決戦...北海道の議員も地元へ

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2021/10/14
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

衆議院は10月14日午後の本会議で解散し、「事実上の選挙戦」が始まります。

【報告:土井 若楠 記者】

青空が広がり、よく晴れた国会前です。

岸田首相は、14日午後1時から開かれる本会議で衆議院を解散し、事実上の選挙戦が始まります。

解散から投開票まで17日間というのは戦後最短で、"超短期決戦"になることもあり、13日は北海道内選出の現職議員の多くが地元で活動し、夜遅くに東京に戻りました。

14日はほとんどの議員が解散後、党の集会に参加した後夕方に地元に戻る予定で、本格的な選挙戦がスタートします。

公示は19日、投開票日は31日の予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加