2万円台で性能良し! シャオミ「Redmi Note 9S」は格安スマホの新定番は確実!

2万円台で性能良し! シャオミ「Redmi Note 9S」は格安スマホの新定番は確実!

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/07/17
No image

シャオミのSIMフリースマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」を使ってみました。4GB+64GBモデルが2万4800円(税込)、6GB+64GBモデルでも2万9800円(税込)と、気軽に買えちゃう価格ですが、6.67型のフルHD+ディスプレーを搭載し、カメラは4眼(インカメラを含めると5眼)という充実したスペックを備えたモデルです。

発表会はオンラインで行なわれたため、これまで実機に触れる機会がなかったのですが、ようやくシャオミから借りることができました。Xiaomi Redmi Note 9Sは本当にお買い得なモデルなのか? それとも安いなりの面はあるのか? 1週間ほど使ってみた率直な感想を述べたいと思います。

デザインは◎ トリプルスロット搭載も魅力

Xiaomi Redmi Note 9Sは6.67型の大画面ディスプレーを搭載。ベゼルは細めで、パンチホール型のインカメラを備え、91%の画面占有率を実現しています。低価格のスマホは、パンチホールやノッチを採用していても、ベゼルが太くて、やぼったい印象を受けることもありますが、Xiaomi Redmi Note 9Sは、パッと見はハイエンドモデルと比べても見劣りはしません。

No image

6.67型の大画面ディスプレーに、パンチホール型のインカメラを搭載

No image

ディスプレーは液晶で、解像度は2400×1080ドット。鮮明に表示できるが、輝度は有機ELに劣るように感じた

ボデイー幅は76.68mmで、画面の大きさを考えると、妥当なサイズといえるでしょう。片手でも電話の発着信はできますが、文字を入力しようとすると端末を落としそうになったり……という微妙な大きさです。しかし、画面表示を片手操作モードに切り替えることもできます。

No image

画面を縮小表示にする片手操作モードは、表示サイズを3つから選べる

右側面に電源ボタンと音量ボタンを搭載し、電源ボタンは指紋センサーを兼ねています。なお、インカメラでの顔認証も利用できます。

No image

電源ボタンに指紋センサーが搭載されている

左側面のSIMカードスロットには2枚のnanoSIMに加えて、microSD(最大512GB)も装着可能。DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)を利用しつつ、ストレージを拡張できるわけです。これはXiaomi Redmi Note 9Sならではのアドバンテージといえるでしょう。

No image

2枚のnanoSIMと1枚のmicroSDを装着できるトリプルスロットを搭載

No image

底部にはUSB Type-Cポートとイヤホンジャックを搭載

カラバリは3色から選べますが、筆者は「オーロラブルー」を借りました。背面パネルは曲面ガラスを用いた光沢の強い仕上がりで、磨かれたメタル素材のようにも見えます。カメラは中央上部に配置し、シンメトリーのデザインになっています。見栄えがよいことに加えて、撮影する際に指がレンズにかかりにくいことも利点でしょう。

No image

背面パネルは左右対称のデザイン。2万円台とは思えない仕上がりだ

カメラの画質は上々 AIによる補正効果もテキメン!

Xiaomi Redmi Note 9Sの購入を考えている人が一番気になるのはカメラかと思います。4眼とは言え、価格なりの画質なのか? それとも、いい意味で予想を裏切ってくれるのか? まずは、筆者が実際に撮った写真を見てください。

No image

風景を撮影した作例

No image

花を撮影した作例

No image

「夜景」モードで撮影した作例

明るい場所でも夜間でも、メリハリが感じられる画質で撮ることができました。ワンタッチでオンオフができるAI機能を備えていて、AIをオンにすると、誰にでもはっきりわかるように鮮やかな色で撮れます。色の忠実性を重視する人は、AIをオフにしたほうがいいかもしれません。

No image

AIをオフにして料理を撮った作例

No image

AIをオンにして料理を撮った作例

4眼カメラは、メイン(4800万画素/F1.79)+超広角(800万画素/F2.2)+マクロ(500万画素/F2.4)+被写界深度(200万画素/F2.4)という構成です。超広角カメラは、ミドルクラス以上の機種では当たり前になってきましたが、やはりあると便利な機能。メインカメラよりも画像センサーが小さくて、F値が大きいのですが、十分な明るさで撮影できました。

No image

4眼カメラは、右上が4800万画素のメインカメラ、左上が超広角、右下が被写界深度、左下がマクロ

No image

建物を撮影したい時にも超広角が役立つ

「ポートレート」モードは、背景をぼかせるモードで、人物撮影以外でも活用できます。撮影時だけではなく、撮影後にボケを変更できるのも利点です。

No image

「ポートレート」モードで撮った写真は、「ギャラリー」の編集機能で、ぼかしの度合いを調整できる

操作性にクセがないので 初めてシャオミ端末を使う人でも心配無用

プロセッサーはSnapdragon 720G(最大2.3GHz/オクタコア)。メモリーは4GBと6GBのモデルがありますが、筆者が使ったのは6GBモデルです。ストレスを感じることなく操作できていますが、ハイエンドモデルのようにキビキビと反応してくれるわけではなく、カメラの起動がコンマ何秒が遅かったり、タッチ操作のディスプレーの追従性が少し遅れるように感じることはあります。

操作感は、最近使った端末では「OPPO Reno3 A」に近いと感じたので、ベンチマークを比較してみました。なお、OPPO Reno3 AはSnapdragon 655(最大2.0GHz/オクタコア)で、メモリーは6GB、ストレージは128GBというスペックです。

No image

「Geekbench 5」というアプリで計測したXiaomi Redmi Note 9SのCPUのベンチマークのスコア

No image

OPPO Reno3 Aは、Xiaomi Redmi Note 9Sと比べると、かなり低いスコアだった

結果は、やはり上位のプロセッサーを搭載するXiaomi Redmi Note 9Sが高いスコアを記録しました。OPPO Reno3 Aは、おサイフケータイや防水・防塵に対応していることもあり、実売価格は3万9800円(税込)となっていますが、Xiaomi Redmi Note 9Sの6GB+64GBモデルは1万円も安いわけです。非常にコスパに優れたスマホと言えます。

OSはAndroid 10をベースとする、シャオミ独自の「MIUI 11」を採用しています。しかし、変わったアプリがプリインされていたり、特殊な独自機能があるわけではなく、癖がなく使いやすいUIという印象です。

No image

アプリ一覧画面はなく、ホーム画面にすべてのアプリが表示される。画面下にナビゲーションキーも表示される

No image

クイック設定は一般的なAndroidスマホに近い

No image

「設定」画面は、一般的なAndroidスマホとは異なるので、戸惑う人もいるだろう

No image

「赤外線リモコン」アプリがプリインされている

No image

「赤外線リモコン」は日本の家電にも対応しているが、設定の段階で選択に迷う画面が出ることもあり、まだローカライズが不十分という印象も

5020mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、電池持ちの心配は不要。筆者が1週間使った範囲では、「バッテリーセーバー」を使わずとも、ギリギリ2日は持つ印象でした。

No image

バッテリーは余裕で1日以上持つが、「バッテリーセーバー」機能も備えている

【まとめ】コスパが高く、ロングセラーになる予感

シャオミのXiaomi Redmi Note 9Sは、昨年のSIMフリー市場でいえば、ファーウェイの「HUAWEI P30 lite」、OPPOの「OPPO Reno A」のような存在になると感じています。つまり、かなりのヒットになるのではないかと。

ファーウェイはHUAWEI P30 liteの後継機種として「HUAWEI P40 lite E」を発売しました。2万4800円(税別)という価格ですが、Google Mobile Services(GMS)に対応していないことが弱点です。OPPO Reno Aの後継機種は、本文中でも触れたOPPO Reno3 Aですが、おサイフケータイ対応という大きなメリットがありますが、実売価格は3万9800円(税込)で、Xiaomi Redmi Note 9Sに比べると割高感があります。価格を重視する人は、必然的にXiaomi Redmi Note 9Sに目を向けることになるでしょう。

シャオミは昨年12月に日本市場に参入したばかりなので、買った後のサポート面などで不安はありますが、端末の仕上がりは、ライバル機種と比べても遜色がない印象です。おサイフケータイ不要なら、メイン端末としてもアリだと思いますが、とくに2台目として購入を考えている人にオススメしたいモデルです。

■関連サイト

シャオミ

村元正剛(ゴーズ) 編集●ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加