エールフランス/KLM航空、運賃に持続可能な航空燃料(SAF)利用料を協賛金として課金、エコノミーでは1~4ユーロ

エールフランス/KLM航空、運賃に持続可能な航空燃料(SAF)利用料を協賛金として課金、エコノミーでは1~4ユーロ

  • トラベルボイス
  • 更新日:2022/01/17

エールフランス/KLMは、航空運賃に「SAF Contribution」を導入した。フランスおよびオランダ発の便で、搭乗客に一律に協賛金という形で追加料を課金し、持続可能な航空燃料(SAF)の利用を促進していく。

SAF Contributionの金額は搭乗区間あるいはキャビンによって異なる。エールフランスおよびKLMのフライトでは、エコノミークラスでは1ユーロ~4ユーロ(130円~520円)、ビジネスクラスでは1.5ユーロ~12ユーロ(195円~1560円)。オランダのLCCトランサヴィアでは、すべての航空運賃に包括される。

また、SAF Contributionに加えて、年内にも任意で寄付できるオプションの提供も開始する予定という。

同航空グループでは、2050年までにCO2排出量実質ゼロを目指しており、2022年からはフランスとオランダを出発するすべてのフライトにSAFを混合する給油を開始する。現在のところ混合割合は搭載燃料の0.5%から1%程度。今後順調にサプライチェーンが確立すれば2030年までに5%、2050年には最大63%のSAF運用を見込んでいる。

※ユーロ円換算は1ユーロ130円でトラベルボイス編集部が算出

トラベルボイス編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加