コロナで変わる旅行の形、新たな3つのトレンド

コロナで変わる旅行の形、新たな3つのトレンド

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2020/08/01
No image

旅行分野では今、向こう数カ月、あるいは数年にわたり続くであろう3つのトレンドが出現している。それは、孤立したロケーション、近場での旅、そしてドライブだ。

旅行は今や「ローカル」の時代
米民泊大手エアビーアンドビーのブライアン・チェスキー最高経営責任者(CEO)は、「旅は新型コロナウイルス以前の姿には二度と戻らないだろう」とし、未来の旅はローカルや親密さといった要素が大きく増し、観光業で現在中心となっている大都市から離れた小さなコミュニティーに移行すると予想している。

エアビーアンドビーの発表によると、同社サービスの利用状況は国内旅行では回復しているものの、海外旅行では今も低迷しているようだ。チェスキーは、人々が飛行機を利用していないと指摘。一方で、航空機利用が今後復活したとしても、旅の目的地は変わるだろうと述べている。

エアビーアンドビーは、未来の旅では目的地が分散し、人が少ないと感じられる場所が選ばれるようになると予想している。

旅は「孤立主義」に
新型コロナウイルスのパンデミックが起きる前、旅行分野のトレンドは「体験」にあった。人里離れた場所に住む先住民を尋ねたり、料理教室に参加したり、実際に人々が住んでいるような家に泊まって地元の人のように過ごしたりするような旅だ。

米紙ニューヨーク・タイムズによると、パンデミック前にアウトドアで週2回以上時間を過ごしていた米国人は20%未満だった。だが今では、例えば米バーモント州では釣りに必要な許可証の発行数が50%増加し、全米で大人向け自転車の売り上げが121%増加した。

今、人々の注目は、人が少ない場所(国立公園など)を見つけることや、ソーシャルディスタンシング(対人距離の確保)ができるツアー(1人1隻のボートを使ったツアーや、自分とラマ1匹だけで自然の中をトレッキングするツアーなど)に集まっている。

テンター(Tentrr)やキャンプスペース(Campspace)、ヒップキャンプ(Hipcamp)などの企業は、キャンプやキャンプの豪華版である「グランピング」を楽しみたい人とキャンプ場所有者とを直接つなげ、アクセスが難しい田舎のスポットを紹介している。

旅はアウトドアかつ少人数に
人々は、テーマパークなどの人でごった返す場所を避けるようになるだろう。フォックスニュースによれば、多くのテーマパークは来園者数の制限や予約の義務化といった措置により苦境に立たされている。

ディズニーランド・パリは親会社のディズニーから3億5000万ユーロ(約430億円)の支援を受けることになり、うち1億5500万ドル(約200億円)は即時に、残りは5年かけて支給される予定だ。

他の人から離れて行うことができるサイクリングやハイキングなどの人気が高まるのは自然な成り行きだろう。未開の地を歩くツアーも人気が出るに違いない。

一人旅はこれまで注目されないことが多かったが、今後は多くのホテルが一人客に対する追加料金を撤廃するだろう。追加料金を払わずにシングルルームに宿泊できれば、人々の旅行意欲を促進できるかもしれない。

ロードトリップがトレンドに
米CNNテレビは全米自動車協会(AAA)の見解として、米国人は7~9月に総計7億回の旅を行うとの見通しを報じている。これは2019年と比べると1億2000万回少ない。AAAの計算では、新型ウイルス流行により消失した旅の数は1億5000万回に上る。これは主に空の旅がなくなったことによるものだが、そのほかにもクルーズ船や電車、バスでの旅の減少分が含まれる。

一方で”勝者”となっているのが車やキャンピングカーで、旅の数は3%しか下がっていない。AAAのポーラ・トワイデール旅行担当上級副社長は「人々は旅行する際、その大部分(延べ6億8300万人)がドライブをして旅行願望を満たすだろう」と予想している。

人気はキャンピングカー
レクリエーショナルビークル(RV)とも呼ばれるキャンピングカーは、人混みから離れて少人数の友人や家族で過ごす方法の一つであり、レンタル企業では予約が急増している。

今後、キャンピングカーを受け入れ、ソーシャルディスタンシングができるサービスを提供するリゾートが続々登場する可能性は非常に高い。業界のリーダーらは、今後のリゾートがこれまでの高層ビルではなく、低層で対人距離を保て、環境に溶け込んだものになると予想している。

さまざまなタイプの宿泊施設を検索できるサイト「バケーションレンター(VacationRenter)」のマルコ・デル・ロザリオ最高執行責任者(COO)は「今起きているトレンドは2つで、RVレンタルの需要増加(検索数が350%増)と、都市からの短いロードトリップで行ける旅先の需要増加だ」と述べている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加