飯塚翔太 地元でV「決勝で修正できた」3大会連続五輪へ発進

飯塚翔太 地元でV「決勝で修正できた」3大会連続五輪へ発進

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/04
No image

男子200メートルを制し、盾と花束を笑顔で掲げる飯塚翔太(撮影・高石航平)

「陸上・静岡国際」(3日、エコパスタジアム)

静岡国際の男子200メートル決勝は飯塚翔太(29)=ミズノ=が20秒52で制した。

3大会連続五輪へ、地元でまず力強く発進した。飯塚は序盤からスムーズに加速すると、0・5メートルの向かい風を切り裂き、追いすがる小池祐貴(住友電工)を振り切って優勝。Vタイム20秒52で、五輪参加標準記録の20秒24には届かなかったが、「予選の課題を決勝で修正できた。地元で優勝できてうれしい」とうなずいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加