那須川天心、母が語る幼少期の大物エピソード 「この子は将来、絶対に大物になる」

那須川天心、母が語る幼少期の大物エピソード 「この子は将来、絶対に大物になる」

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/11/23
No image

20日、格闘家の那須川天心選手が自身のYouTubeチャンネルを更新。母親との対談企画を行ない、幼少期の大物エピソードが明かされた。

■小さい頃はどんな子だった?

「母親とガチトーク」の動画タイトル通り、自身の母親と食事をしながらトークを展開していく本企画。ファンが気になるであろう、小さい頃の教育方針の話になると、天心は「1回も怒られたことがないんですよ」と振り返り、母親も「朝起きなかったりしたときとかは怒りましたけど」と共感する。

また幼少期はどんな子供だったかという話題では、母親が「基本ビビリ屋というくらいだから最初は様子を見る感じ」「ただ目立ちたがりやだから、安心だと思ったら一番目立つ」と当時から彼らしさは健在だったようだ。

関連記事:具志堅用高、自身の連勝記録を抜いた井上尚弥について素直な感想は…

■母親は「将来、絶対大物になる」

今でこそ「神童」とも称され、格闘家でトップクラスに君臨する天心だが、母親は小さい頃に「大物になる」と感じた出来事があったという。

それは幼稚園に通っている時に、園庭でパンツ一丁でTシャツと棒を組み合わせて作った旗のようなものを掲げて走り、その後ろを他の園児が続々と続いていたという。

この光景を目にした母親は「この子は将来、絶対に大物になる」「人を引っ張る力がある」と確信したと明かすと、天心は「駄目でしょ! (そこは)注意しなきゃ」とツッコミを入れるのだった。

■視聴者も驚き「すごい…」

動画が進むにつれ、母親のいい意味でのクレイジーな一面も露呈し始め、天心も母親について「メンタル強いっすよ」と語る。

この親にしてこの子ありと言わんばかりのエピソードの連続に「ああ、このお母さんにして天心君あり」「那須川家みんな元気すぎ(笑)」「偉大な子は寛大な親から育つ」「やっぱお母さんってすげぇなぁ笑」と称賛の声が相次いだ。

■家族の中は円満?

二人の会話から、互いに信頼し合い、絆の深いことが見て取れる。ちなみにしらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,365名を対象に意識調査を実施したところ、全体の68.3%が「家族の仲は円満だ」と回答している。

No image

天心の活躍は、彼の並々ならぬ努力はもちろん、家族の力も大きいのかもしれない。

・合わせて読みたい→『池の水ぜんぶ抜く大作戦』那須川天心、決死のダイブが怪魚に炸裂

(文/しらべぇ編集部・ステさん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1365名(有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加