奇跡の発見。完全に封印された古代エジプトの棺、13基を発掘

奇跡の発見。完全に封印された古代エジプトの棺、13基を発掘

  • カラパイア
  • 更新日:2020/09/16
No image

未開封の古代エジプトの棺を発見 image by:Ministry of Tourism and Antiquities

エジプト観光考古学省によれば、古代エジプトのネクロポリス(埋葬地)だったサッカラで、2500年前の棺が少なくとも13基発見されたそうだ。

地下11メートルの竪坑墓に埋葬されていたそれは、奇妙なことに積み重ねられた状態で安置されていた。

素晴らしいのは発見された時点で棺は完璧に密閉されていたことだ。つまり埋葬されてから2500年間、盗掘者によって荒らされることなく、当時の状態を今に伝えているということだ。

保存状態は良好で、中には当時の色がそのまま残されている棺もあるそうだ。

【他の記事を見る】壁面を覆いつくすような色あざやかな壁画が!4000年以上前の古代エジプトの高官の墓が発見される

Discovery of a deep burial well with more than 13 human coffins closed for more than 2,500 years

古代エジプトのネクロポリス

カイロから南に30キロ離れたサッカラは、かつて古代エジプトの首都メンフィスのネクロポリス(埋葬地)だった場所だ。

色鮮やかな碑文が描かれた数百もの王家の墓が見つかっており、地上にはピラミッドや神殿といった神に捧げる巨石モニュメントが点在する。

No image

今回発見された棺の1つ image by:Egyptian Ministry of Tourism and Antiquities

エジプト初期王朝の遺跡からローマ属州時代の遺跡までが存在するエジプト考古学にとってはもっとも重要な地で、1979年にはユネスコ世界遺産に登録されている。

数々のおどろくべき発見

もっとも重要と言われるだけあって、この地では数々のおどろくべき大発見がなされている。

たとえば、昨年は発見された「クウィ(Khuwy)」という人物の墓は、壁面全体に色鮮やかな壁画がほどこされた壮麗なものだった(関連記事)。この人物は、エジプト第5王朝(紀元前2498~紀元前2345年頃)のファラオ、ジェドカラー王に使えた高官だと考えられている。

2018年には、やはりエジプト第5王朝のネフェリルカラー王に仕えた神官の墓が見つかった。この人物の名は「ワフティ(Wahtye)」といい、生前は「神聖な検査官」として知られていたようだ。彼の墓からは人や神々をかたどった55体の像も見つかっている。

ほかにも365体のウシャブティ(小型の人形の副葬品。それぞれが1日を表す)や、木製のオベリスクに囲まれた創造神プタハの木像、数百体にも及ぶ動物のミイラ(ワニ、コブラ、トリ、ネコなど)など、近年だけでもこれだけの発見がある。

No image

image by:Egyptian Ministry of Tourism and Antiquities

まだまだ棺が隠されている可能性

2019年にはルクソールの墓地遺跡アル・アサシフで木棺30基が発掘された。一度にこれほどの棺が発見されたのは100年ぶりのことで、こちらも世紀の大発見と話題になったのだが、今回の見つかった木棺の数もそれに負けていない。しかも木棺はまだまだ隠されている可能性があるとのこと。

棺のほか、壁龕が3つ発見されている。もし副葬品などが見つかれば、埋葬された人物の身元や地位、さらには古代エジプトの埋葬の習慣についてうかがい知る手がかりになることだろう。

References:ancient-origins./sciencealert./ written by hiroching / edited by parumo

・あわせて読みたい→2600年前のエジプト殺人事件、謎の死を遂げた女性のミイラ分析で真相が明らかに

動画・画像が表示されていないときはこちらから

パルモ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加